PTB110 気圧計

PTB110 気圧計は、室温での正確な気圧計測および広い温度範囲での一般的な環境大気圧のモニタリングを目的として設計されています。コンパクトなPTB110は、環境大気圧のモニタリング、データブイ、レーザー干渉計、農業や水文学など、さまざまな用途に適しています。消費電力が非常に低いため、本気圧計は特にデータロガーのさまざまな用途に最適です。

Features
ヴァイサラ BAROCAP®センサ
複数の計測範囲から選択可能
精度±0.3hPa(+20°Cにおいて)
長期安定性
外部トリガーでオン/オフを切り替え可能
出力電圧は0~2.5VDC または0~5VDC
消費電流は4mA未満
DINレール(35mm幅)に取り付け可能
+ さらに表示

特長

長期安定性に優れた気圧計
PTB110 気圧計には、気圧計測用途向けにヴァイサラが開発したシリコン製静電容量式大気圧センサであるヴァイサラ BAROCAP® センサが使用されています。このセンサは、単結晶シリコンの優れた弾力特性および機械的安定性と、実績ある静電容量検出方式を兼ね備えています。
精度と安定性
本気圧計の非常に優れた長期安定性により、環境大気圧のモニタリング、データブイ、レーザー干渉計、農業や水文学など多くの用途における現場調整の必要性が最小限になる、または必要なくなります。
低消費電力
消費電力が低く、コンパクトなPTB110 気圧計は、特にデータロガーの用途に最適です。また、外部からオン/オフを切り替えることもできるため、電力供給が制限されている場合に役立ちます。