blog

正確なメタン計測はバイオガスの収益性を高めます

Colorful salad with water droplets
Antti Heikkilä
Product Manager
Published: Sep 6, 2020
バイオガス精製

バイオガスの精製の収益の早期向上はバイオガスプラントを開発するうえで最も重要なファクターの一つです。多くの補助金はCHP(コージェネレーション)運用が一定の基準を満たすことが要件となっていることも事実です。演算で求められたメタンの生産量(m3/h )はCHPへの供給されるエネルギーと関連づけられ、エネルギー効率の計算のベースとなります。不要なエネルギーが過多に供給された場合、補助金の要件をみたすことが困難になり、プラント運営にも影響が及ぶことになります。

必要な効率基準を達成するためにはメタンの計測に誤差が発生しないようにすべきです。

バイオガスプラントではメタンをサンプリングして計測する場合、水分を除去して計測した値、「DRY(乾燥)ベース」を使用します。 「DRYベース」の値が水分を除去した後のガスを100%としているのに対し、「WET(湿り)ベース」の値は水蒸気も含んだガスを100%としているので、同じメタン濃度を計測すると差異がでます。

Methane volume calculation

 

上記の図は、DRY(乾燥)ベースとWET(湿り)ベース計測を併用した場合の差異を表しています。このメタン出力の総計は誤差を含んでいます。この質量は水分の質量が見落とされているからです。

この課題はメタン、湿度、二酸化炭素をWETベースで直接計測することで容易に回避でき、正確なメタンの計測が可能になります。

ヴァイサラのCARBOCAP® MGP261はバイオガスプラントのプロセスを向上させ、正確なデータ生成をサポートします。メンテナンスフリーでプロセスラインに直接設置することができます。 詳しい情報はこちらからwww.vaisala.com/MGP261.

 

Add new comment