blog

新しいモジュールタイプのセンサはなにをもたらすのか

A man's hand reaching for a modular cube
Niina Reponen
Published: May 5, 2020
産業製造・プロセス
産業計測

モジュール方式のコンセプト

モジュール方式の基本的な考え方はモジュールやコンポーネントを柔軟にシステムに組み合わせられるということです。モジュール部品は単体でも、他の変換器を接続としても使用できるよう設計されています。コンポーネントは分離と組み換えが可能で、使用に柔軟性と多様性をもたらします。 

モジュラー設計では、変更に対する大きな労力を伴わず、用途に合わせたカスタマイズができます。このようにして、モジュール方式はシステムの複雑性を減少させます。
モジュール方式は新しいコンセプトではありませんが、自動車、コンピューター、家具、配管システム、建築など、さまざまな分野で多く見られるようになってきています。

モジュラー化は、産業計測システムでも普及してきています。交換可能な計測プローブ、変換器、ソフトウェアは、さまざまな計測用途に大きなメリットをもたらしています。 

変化する計測ニーズに対応する高い柔軟性 
モジュール式計測システムの主なメリットは柔軟性です。プラグアンドプレイ設計のプローブは簡単に交換でき、さまざまなパラメータを計測できます。また、プローブをすばやく交換できることで、運用のダウンタイムを最小化し、コストを大幅に削減できます。

ヴァイサラ Indigo500のようなデュアルプローブ対応の変換器により、柔軟性はさらに向上します。プロセスの入口と出口の条件を同じ変換器で計測できるほか、CO2、湿度、露点、温度、過酸化水素蒸気などのさまざまなパラメータを同時に計測することもでき、プローブは簡単に切り替えられます。   

設置、メンテナンス、校正が容易なプラグアンドプレイ設計
プラグアンドプレイのモジュラー設計は設置もスムーズです。プローブは変換器に簡単に取り付けられ、システムはすぐに使用できます。通常、取り付けケーブルや接続ケーブルはモジュラー設計対応製品で共通のため、コスト効率が高く取り扱いが容易です。

プローブを簡単に変換器本体から取り外せるため、メンテナンスと校正も容易になります。これにより交換用プローブの取り付けプロセスも大幅に簡略化されます。

ヴァイサラのモジュラー Indigo 製品シリーズ
ヴァイサラの Indigo製品シリーズは、より高度な産業計測を実現します。交換可能なスマートプローブ、変換器、Indigo Insightソフトウェアにより、実際の運用において一連のデータを着実に維持し、優れたエネルギー効率、安全性、最終製品の品質を確保できます。

Indigo製品シリーズのスマートプローブは、湿度、露点、温度、オイル内水分、二酸化炭素(CO2)、過酸化水素蒸気(H2O2)を計測するための柔軟なソリューションを提供します。 

ヴァイサラ Indigo 製品シリーズの詳細をご覧ください。 

インダストリー 5.0、および "スマート" コンセプトがどのように産業を変容しうるか、eBook をダウンロードし詳細をご確認ください。

Add new comment