blog

EBA の Susanna Pflüger 事務局長による、専門家から見た|欧州グリーンディールと|環境にやさしいガス

欧州バイオガス協会の Susanna Pflüger 事務局長
バイオガス精製
イノベーション・インスピレーション

環境にやさしいガス
2050 年までに EU のカーボンニュートラルを達成することを主目的とする欧州グリーンディールは、EU 各地で大きな話題となっています。このイニシアチブは、絶妙のタイミングで掲げられたと言えます。現在、私たちは、英国が離脱した後の EU の結束を高めるために前向きに取り組む必要があります。また、悪化する環境汚染、地球温暖化、さまざまな種の絶滅から地球を守るために、気候変動対策が絶対に必要な状況です。

グリーンディールは、新しい欧州委員会の主要な課題であり好機でもあります。2019 年 12 月、欧州委員会は、政治上および法律上の新しいイニシアチブとその改訂版を 18 か月以内に導入するという大胆なロードマップとともに、グリーンディールに関する通達を発表しました。ただし、欧州委員会の熱意だけでは不十分です。2050 年までにクライメイトニュートラルを実現する目標を法制化する欧州気候法など、意欲的な法律を施行するには、EU 加盟国の協力が欠かせません。すべての分野およびすべての加盟国間での建設的な確約に基づき、適切な行動に結び付けなければなりません。

環境にやさしいソリューション
欧州バイオガス協会(EBA)では、さまざまな経済分野の脱炭素化と脱化石燃料化を目指す EU をサポートするうえで、バイオガスが大きな役割を担うと確信しています。バイオガスやバイオメタン、その他の再生可能ガスは、欧州が、資源効率の高い、真の循環経済による、クリーンなエネルギーシステムに移行するのに役立つことでしょう。

再生可能ガスを利用することで、欧州は 2050 年までに、環境を汚染しないカーボンニュートラルを実現できます(場合によっては、カーボンネガティブさえ実現できる可能性があります)。再生可能ガスは、環境にやさしい仕事を創出し、欧州のエネルギーおよび輸送のソリューションを環境に負担をかけない、再生可能ソリューションに切り替えることができる最も低コストな方法の 1 つです。また、バイオガスは、クライメイトニュートラルと経済発展の両立が依然として困難な東欧諸国で、気候対策ソリューションの重要な要素になる可能性もあります。

電力分野ではかなり以前からエネルギーの移行が始まっており、すでにバイオガスは、再生可能エネルギーでは十分な電力を供給できない場合に隙間を埋める働きをしています。しかし、ガス分野での移行は欧州ではまだ始まったばかりです。すべての分野を電化することは不可能なため、将来的に、ガスは欠かせなくなることでしょう。欧州では、今こそ、再生可能ガスを増産し、ガス分野の従来の考え方を改めるべきです。今後、欧州では、ガス生産の非集中化が進み、各地域でのガス生産が増加します。徐々に進む脱化石燃料化と欧州での必然的な炭素価格の上昇のため、ガス価格は上昇します。再生可能ガスには、環境上の利点がいくつもあるため、そのプラスの効果を消費者に十分に伝える必要があります。たとえば、発酵残渣などの有機肥料の価値を、最終的に欧州での収益化につなげる必要があります。

バイオガス生産の最適化
もちろん、バイオガス分野にも、生産価格を下げることができる潜在性があります。そのためのキーワードの 1 つは「効率」です。最大限の効率を実現するように、生産プロセスを改善する必要があります。

産業計測は、重要な貢献をする可能性があります。バイオガスプラントでは、メタン、二酸化炭素、湿度を計測するために、ヴァイサラ MGP261 メタン・CO₂・水蒸気マルチガスプローブなどのソリューションが必要です。プラントのプロセスは有機的性質のため本質的に不安定ですが、このような計測機器を使用することで、プラント事業者は、プロセスを適切に制御し、生産の収益性を高めることができます。

バイオガスプラントのプロセスは風力や太陽光が不要であるため、バイオガスには融通性が高いという特徴があります。プロセスを連続的に計測して、24 時間 365 日の円滑な生産を実現すれば、プラントは最大の能力を発揮でき、資源効率の高い廃棄物管理、再生可能エネルギー、再生可能肥料を実現できます。これらはすべて、欧州のクライメイトニュートラルの達成に寄与します。   

2024 年に実施される次回の EU 議会選挙では、Greta Thunberg さんなどの欧州の若手環境保護論者が過去を振り返り、Friday for Future のストライキを通じて、気候変動の深刻さを多くの人々に認識させ、その後の政治的な動きに結び付けた成果を誇りに思うことに期待しています。また、再生可能ガスが各分野を統合する土台であり、スマートな再生可能エネルギーを実現すると同時に、環境保護にも役立つことが理解されると期待しています。 

Susanna Pflüger 氏は、欧州バイオガス協会(EBA)の事務局長です。ブリュッセルで EU のエネルギー、気候、および輸送に関する政策に 10 年間携わった後、2012 年 6 月から EBA に加わり、環境にさまざまなプラスの効果をもたらすバイオガスに対する一般大衆や政治家の認識を高めることに貢献しています。その成果は、欧州の気候やエネルギーに関する法令に徐々に反映されています。  

バイオガスプラントにおける重要なパラメータ計測のためのガイド

嫌気性消化は、生物処理できる固形廃棄物を発酵させるうえで最も効率的な技術であることが分かっています。バイオガスや肥料などの副生成物の価値を考慮に入れると、バイオガスプラントの数が急速に増加しているのも当然でしょう。バイオガスプラントは、地球の養分循環を改善するうえでも重要な役割を担っています。

この e ガイドでは、高精度な計測と制御によってバイオガスプロセスを改善する方法について、実践的な情報をご紹介します。改善を行うことで、利益率の向上や運用コストの削減を実現できます。この情報がお客様の事業にとって有益で役立つものとなれば幸いです。

本フォームを送信いただいた場合は、当社のプライバシーポリシーにご同意されたものとしてみなします。予めご了承ください。
配信内容の管理は こちらから。

Add new comment