DRD11A 感雨センサ

迅速で正確な降水量と降水強度の計測を提供します。

    高精度な計測

    ヴァイサラ DRD11A 感雨センサは、雨や雪を迅速かつ正確に検知します。本製品は信号レベルの閾値ではなく、雨滴検出を使用しています。特殊な遅延回路はオフ(降雨なし)の状態になるまでに、2分間の降雨間隔を設けています。これにより、雨の降り終わりと小雨を正確に判別することが可能となっています。

    さらに、DRD11Aは、雪や結露などの水分の影響からセンサ表面を保護するため、素早く乾燥することができるように、いくつかの要素を考慮した設計になっています。

    主な機能

    • 内蔵ヒーター:検出表面を素早く乾燥させます。降水強度を計算するために必要不可欠な要素です。
    • 特殊な遅延回路:オフ(降雨なし)の状態になるまでに、2分間の降雨間隔を設けています。
    • 信頼性の高い降水検出:泥や埃などによるセンサ性能への影響が少ないという特性を持っています。
    オフィスで協力しているヴァイサラチーム

    ヴァイサラ DRD11A 感雨センサの導入についてご相談ください

    素早く、正確に、そして簡単に降水強度を計測するために、メンテナンスフリーのヴァイサラ DRD11A 感雨センサをどのようにご活用いただけるかについて、詳細をお問い合わせください。
    お問い合わせ先