PDT102 微差圧トランスミッター

PDT102は、主にライフサイエンスやハイテク分野のクリーンルーム向けに設計された高性能機器で、堅牢なMEMSシリコンセンサ技術により、優れた精度、感度、安定性、耐久性を実現しています。

Features
オプションのプロセスバルブアクチュエーターとテストジャックにより、プロセスに干渉することなく、システムの現場校正とオンラインチェックが可能
薄型で、DINレールへの取り付けが簡単。これにより、設置・校正コストを削減
高い精度:0.25%または0.50%スパンの精度から選択可能。製薬、バイオテクノロジー、医療機器、半導体分野でのクリーンルームの重要なモニタリング向けに設計
超高耐久性のMEMSシリコンセンサ技術により高い精度、感度、安定性、持久性を実現
NISTトレーサブル9点校正(英文校正証明書付)
ゼロ・スパン調整用ポテンショメータ(本体前面より調整可)
+ さらに表示

特長

要件の厳しいクリーンルーム環境に最適
ヴァイサラ viewLinc モニタリングシステムの一部であるPDT102は、規制遵守のためにデータの連続性、記録性、冗長性が求められる環境に最適です。
堅牢なセンサ技術
センサにはマイクロ加工の極薄シリコンダイヤフラムを採用し、センサ独自の繰り返し性と安定性を実現しています。
高い計測性能
PDT102は優れた精度、感度、安定性を兼ね備えており、これにより信頼性と繰り返し性に優れた計測を行います。精度は0.25%または0.50%スパンから選択できます。