亜硫酸塩パルププロセス

亜硫酸塩パルププロセス

紙および板紙製造用の木材パルプは、さまざまな方法で製造されます。屈折率計の用途の一つは、化学および半化学パルプ製造プロセスです。クラフトプロセスでは、高純度のセルロース繊維で構成される木材パルプを木材から生成します。このプロセスでは、アルカリ性のクッキング条件で木材チップを処理し、リグニンとセルロースをつなぐ結合を破壊する必要があります。

ヴァイサラ K-PATENTS® SAFE-DRIVE プロセス屈折率計 PR-23-SD を使用することで、パルプ化プロセスのさまざまな段階において液体濃度をリアルタイムで計測できます。

フォームをご記入後、アプリケーションノートを PDF 形式でダウンロードいただけます。

すべてのパルプ、紙、木材の用途のページに戻ります

Image
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
いつでも こちらから環境設定を変更したり、登録を解除したりできます。