バイオガスのアップグレードと合成メタンのプロセス

バイオガス精製
大気環境・公衆衛生の保全

バイオガスのアップグレードと合成メタンのプロセス

開催概要

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)と水素の観点から考えていきます。
また、CHPアプリケーションでのバイオガス生産効率の向上とエンジン寿命の向上についても解説いたします。
正確な計測からもたらされる、品質向上のメリットを網羅してご紹介いたします。

CCUSと水素の観点から考えるバイオガスのアップグレードと合成メタン
•プロセス制御および温室効果ガス排出制御のためのバイオメタン生産からのメタンスリップを測定する技術
•バイオメタン製造前に生バイオガスの湿度の測定が、膜プラントのアップグレード時に高圧での結露を防止
• CO2 + H2→CH4反応の前にCCUSのCO2純度を測定することの意義

CHPアプリケーションでのバイオガス生産効率とエンジン寿命の向上の導入事例
•嫌気性消化反応器後のバイオガス中CH4:CO2比を測定によるプロセスの問題検知
•活性炭フィルターの湿度を測定することで、硫化水素のろ過効率が最適なままであることを確認可能

開催日時:
2021年12月1日(水曜日)
15:00~(15分前からログイン開始)

講師:
産業計測営業本部 ビジネスデべロップメントマネージャ
荒井 良隆

対象:
バイオガスプラントの品質管理ご担当者様、エンジニアリング企業の施工担当者、計測関連技術等の担当者さま

参加費:
無料

視聴方法:
本ページ内のお申し込みフォームを入力の上、送信後、視聴用URLが送付されます。

◎動作確認
ご使用されるパソコン、スマートフォン、タブレット端末がWebセミナーの視聴に対応しているかをご確認ください

● システムの最小要件のご確認はこちら
● 視聴環境のテストはこちら
● ヘルプページはこちら
 

【お問い合わせ】
ヴァイサラ株式会社 マーケティング 
Email: [email protected]

詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
いつでも こちらから環境設定を変更したり、登録を解除したりできます。

講師: 荒井良隆

Yoshitaka Arai

荒井良隆

ビジネスデベロップメントマネージャー

ヴァイサラで15年間培った広範な計測アプリケーションの経験を活かし、業界内の戦略的トレンドと新しい監視ニーズを特定することや、お客様の声を製品開発に反映させることに携わっています。