blog

水処理におけるアンモニア除去

Yoshitaka Arai
荒井良隆
ビジネスデベロップメントマネージャー
Published: Nov 16, 2021
産業計測
液体計測

少量のアンモニア(NH3)は帯水層には自然界に存在します。高い含有率となる場合は不純物と考えられます。下水の逆流や排水システムの問題、肥料として使用される農業地域での流出、不十分な排水や固形廃棄物の処理・処理などの問題が生じます。アンモニアは、最終的には、ビタミン欠乏を引き起こし得る亜硝酸塩、そして硝酸塩に変換します。他の成分と混合されると、人体への有害物質となり得るため、水中にある成分としては望ましくありません。さらに、アンモニア濃度の上昇は、藻類を含む水生生物の集中的増殖に繋がり、これは、水質の透明度、臭い、味ならびに細菌汚染などの劣化をもたらします。


用途
地下水苛性ソーダ(30%)へのアンモニア処理には、活性炭および塩化第二鉄(FeCl3)を使用します。苛性ソーダは化学試薬であり、pH調整、イオン交換体再生剤、触媒、エッチングまたは洗浄剤としても使用されます。活性炭は、溶存有機物の濾過媒体として、ならびに色、味および臭気を引き起こす化合物の除去のために使用され、アンモニアの吸着能力の向上に役立ちます。
塩化第二鉄は、濁度の処理、および原水からの色、天然有機物質、およびヒ素のさらなる除去のために使用される凝集剤です。このようにしてアンモニアは、プロセスから除去されます。

ストリッピング媒体として硫酸(50%)を使用します。吸着塔に添加した硫酸は、アンモニアを硫酸アンモニウム((NH4)2SO4)に変換します。硫酸アンモニウムは、無機塩です。
その最も一般的な用途は土壌肥料です。
 

計装・設置
屈折率計PR-23-Mは、硫酸アンモニウム濃度のインラインおよび連続測定を提供します。
濃度値が正常値の場合、硫酸アンモニウムは、さらなる使用のために保存することができます。
濃度が規格外の場合、さらなる処理のためにリサイクルされ、吸着プロセスはそれに応じて調整されます。
プロセスを正確に管理し、製品を排出またはさらにリサイクルするために、硫酸アンモニウム濃度値を常に監視することが重要です。
この用途における目標濃度は多くの場合、約30%とされています。(*用途によって異なります)
屈折計は、通常、吸着塔の出口付近に取り付けられます。

 

硫酸アンモニウム

詳しい情報や製品情報のご説明が必要な場合は下記からお問い合わせください。

お問い合わせフォーム



 

Add new comment