紙のサイジングプロセスにおける濃度計測

準備作業とサイズプレスにおけるサイジング液の濃度計測 

製紙プロセスでは、サイジング法によって水などの液体に対する適度な耐性を紙に加え、表面の強度を向上させます。ヴァイサラの K-PATENTS® プロセス屈折率計は、インサイジング、表面サイジング、およびコーティングの各プロセスでサイジング液の濃度計測と管理を正確に行うために使用されています。 

制御用途は次のとおりです。

  • サイジング液の生成において、調理済みスターチ(デンプン)、CMC、またはPVAを水で希釈して適度な濃度にしてから保管する場合。
  • サイズプレスまたはブレードコーターにおいて、サイズプレスの循環システムの中で濃度レベルが変化する場合。このとき、紙がサイジング材料よりも多くの水分を吸収することで、再循環ラインへの液体の濃度が変化します。したがって、希釈レベルを維持するためには循環中に水を追加する必要があります。

正確な濃度計測により、サイジング液の厳密な濃度仕様が保証され、サイジング条件と紙の品質が安定します。

パルプおよび製紙プロセスでの用途

乾燥固形分をインラインかつリアルタイムで計測することで、クラフト化学品回収およびファイバーラインならびに褐色原料洗浄プロセスの効率性と安全性を大幅に向上させることができます。詳細については、アプリケーションノートをダウンロードしてください。

液体濃度の計測

ヴァイサラでは、各種業界の液体計測のニーズに合わせた幅広い製品を取り揃えています。下記のボタンより、屈折率計の技術とその用途の詳細、製品関連資料のライブラリにアクセスしてください。