道路気象情報システム(RWIS)

現在の道路で何が起こっているのか、将来の道路で何が起こり得るのかを正確に把握するための道路気象情報は、意思決定を成功させる上での鍵となります。インテリジェントに設計された道路気象ステーション、先進のアルゴリズム、高性能電源管理、そしてホスト型のヴァイサラ RoadDSS®ソフトウェアソリューションを組み合わせることで、回復性のある方法で情報の表示や保存ができ、いつでもどこからでも情報へのアクセスが可能となります。精度を落とすことなく、作業に必要なものだけを設置することができます。

Road Weather Information System (RWIS) diagram
運用サービス
• 設置型 & 移動型 道路気象データ
• 意思決定支援ソフトウェア
• 警報
• 高度道路交通システム(ITS)
レポートサービスと改良点
• 性能指数
• 運用&メンテナンスレポート
• 予測精度レポート
道路ネットワークの最適化
• ルートの最適化
• 道路メンテナンスのコンサ
コンサルティング
• 道路気象学
• 最適な設置位置 & 凍結しやすい地点の特定
• ベストプラクティス

特長

インテリジェントで高精度、信頼性の高いデータ
RWS200には、埋め込み式路面センサから生データを取り込み、その他の気象情報を活用することで、路面状態の算出機能を高める先進のアルゴリズムを備えています。もし、路面状態の最終決定機能がセンサ自体に備わっていた場合、多くの状況で精度が損なわれてしまいます。
必要なものだけを設置
ヴァイサラ道路気象ステーション RWS200は、各観測地点の要件に合わせた機能を追加ができる高い拡張性を提供します。これは、低い品質の構成部品が使用されているという意味ではなく、特定の観測地点においてアップグレードの必要が生じた場合でも、ほとんどの既存の構成部品は引き続き使用可能であることを意味します。道路気象の意思決定ツールであるRoadDSS®ソフトウェアシリーズは、事業所ごとの運用水準に対応するように設計されています。ソフトウェアの経験や運用には段階的な水準があるため、意思決定者が迅速かつ容易に正確な情報を入手できます。
オンボードインターフェースと電源管理による信頼性
現場にプロセッサを保有する主な理由の一つは、通信ネットワークが長期間ダウンした場合でも履歴データを保存できる機能にあります。これにより、ローカルデータベースにおける履歴データの欠測は生じにくくなります。高性能電源管理は、1つの構成部品の故障が他の構成部品に影響が及ぼさないように個別に処理されています。道路気象システムは、重要なデータフローを確保し、意思決定の中断を最小限に抑えるように設計されています。

コンポーネント