CheckTime

冬は冬特有の気候が到来する頻度とそして時としてその予見可能性がないことから、航空会社のオペレーションにとっては困難な時期となりえます。ヴァイサラCheckTimeは現代的な判断支援システムで航空会社が冬の気候を克服するのを助けます。​

CheckTime System Diagram

概要

冬は冬特有の気候が到来する頻度とそして時としてその予見可能性がないことから、航空会社のオペレーションにとっては困難な時期となりえます。予算を一定限度にとどめるための心理的ストレス、安全性の水準を欠陥なく保つこと、そして航空会社の長期の事業上の目標を達成することが運用面に要求としてすべて突きつけられてきます。冬の気候のもたらす最も重要な課題の一つは飛行機の除氷と凍結防止です。現在、航空機のパイロットは現在気象条件が同じように引き続き継続するとすると仮定した場合飛行機がもはや安全に離陸準備できなくなる将来の時間を提供するとHOT(効果持続時間:holdover time tables)の表を使用しています。この表は大気 温度、降水タイプと強度に基づいており、観測された視程は降水強度を予測するために使用されています。この表はパイロットにとってやっかいなまでに複雑でその他の離陸手続を行うための注意を妨げる原因になっています。

先進的気象テクノロジー

ヴァイサラCheckTimeは現代的な判断支援システムで航空会社が冬の気候を克服するのを助けます。​ 航空気象エキスパートによって開発されたCheckTimeは温度、風、降水タイプ、そして液体水等価物(LWE)を測定するヴァイサラの精密気象センサを使用して飛行機に防除氷液を使用した後に変化する気象条件が防除氷液に及ぼす影響を計算します。毎分アップデートされるヴァイサラのCheckTimeは航空会社ACARSコンピュータまたはコックピット内のモバイルアプリケーションを経由してパイロットをダイナミックな判断によってサポートできます。

効果持続時間表を使用するのではなく、パイロットCheckTimeのメッセージを受け取り、飛行機上の液体の状態について意識し続けることができます。CheckTimeを使えば空港のオペレーションを合理化する一方で、航空安全性を最高水準に維持することができます。​ CheckTimeの使用例 Type-IV防除氷液を使用。

CheckTimeの使用例

防除氷措置後30分、パイロットは防除氷液の使用時間をACARSに入力し、ProtectTime(効果持続時間)が13:35までであることを受信します。つまり、この時点で貴社の防除氷液は13:35まで有効であることになります。CheckTimeは変動する気象条件の防氷液に対する影響を毎分計算します。液と氷と液の混合物では異なる影響がでるので、効果持続時間(ProtectTime)も変わってくることがあります。​​

CheckTimeの使用例

+ さらに表示
ProtectTime
防除氷液(ADF: Anti-icing/Deicing Fluid)を使用した場合の気象への影響を動的に計算する
ヴァイサラLWEステーション
各空港に設置され、毎分状態を信頼のおけるかたちで測定する
LWE 対 計算のため視程
LWEは降水の除雪剤への影響を測定するより正確な方法を提供します
ヴァイサラクラウドストーレッジ
組み込み冗長性と品質チェッキング機能を特徴とする​

特長

ダイナミックな判断でパイロットをサポート
飛行機に付着した液状物質の最新の状態を意識
空港のオペレーションを合理化

コンポーネント

導入事例