AviMet® LLWAS 低空ウィンドシア警告システム

離着陸時の乗客の安全性と快適さを改善し、風速および風向きに予期できない重大な変化が生じた場合には、適時にかつ一貫した方法でその情報提供します。このソリューションは、ウィンドシアがいつ、どこで起こるか、そしてその脅威がいつ終わるかを直ちに航空管制官たちに知らせることにより、航空管制官の負担を軽減します。このソリューションは事実に基づく判断を行っているという航空管制官の自信を高め、適時の信頼性の高い事前警報をパイロットに提供できるようにします。

AviMet® Low Level Wind Shear Alert System LLWAS

概要

ヴァイサラのAviMet® LLWASは、低予算でも航空管制当局に航空機の安全性を劇的に改善し、着陸の最低要件、そしてあらゆる気候条件での離発着の密度を改善する能力を提供しています。

LLWASは予算上の制約から気象レーダーを導入対象に考慮できない場合の、エアフィールドむけのスタンドアローンのウインドシア検出システムの最初の選択肢です。他方でこのシステムはTDWRシステムと統合できるのみならず、ウィンドシア検出のための究極的な品質を提供するものです。アメリカ大気研究センター(National Center for Atmospheric Research)によれば、高性能なウインドシア警報はフェーズIII低高度ウィンドシア検出システムとターミナルドップラー気象レーダーを統合した結果、達成できるものです。このインテグレーションを達成するため、ヴァイサラAviMet® LLWASはデータをレーダーシステムに出力することができます。

ヴァイサラAviMet® LLWASはアメリカ連邦航空局(U.S. Federal Aviation Administration: FAA)が開発し、大気研究大学連合(University Corporation for Atmospheric Research Foundation (UCAR))が特許をもつ最新の地上設置型ウインドシア警報システムです。

ウインドシアとマイクロバースト現象に関する大規模な研究の結果、信頼性の高い警報と警告がLLWASの数字およびグラフィックな画像表示により、明確に管制官に伝えられるようになりました。きわめて重要なウインドシア警報と警告を発出するために、LLWASシステムは滑走路を取り囲むように設置されている一連の風況センサからの風況データを逐次検索しています。一連の風況センサは最大のシステム信頼性を提供するために、マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology: MIT)、リンカーン研究所(Lincoln Laboratories)そしてアメリカ大気研究センター(National Center for Atmospheric Research)のシステム製品設計ガイダンスに沿って注意深く設置位置が定められ、配置されています。

フェーズIIIウインドシアシステムはマイクロバースト警報リサーチの開発に向けた多年の成果であり、現在利用可能な最善のテクノロジーを代表するものです。改善された検出性能は空振りに終わった警報率の低さとあいまって、フェーズIIIシステムを古いフェーズIとIIシステムをしのぐ明確な選択肢としています。ヴァイサラのAviMet® LLWASは利用可能な世界でも最善のアルゴリズムを使用していることに加えて、 低高度ウィンドシアとマイクロバーストに関する最も先進的で信頼性の高い情報ユーザーの皆様に提供するよう新たに製品設計されたものです。

+ さらに表示

特長

ハイリスクなシチュエーションで効率的なソリューション
他の利用可能なシステムに比較すると製品寿命費用のほんの一部で、空港当局が空港の安全性を改良できる代表的な低高度ウインドシア警報システムです。ヴァイサラLLWASシステムは実証されたウインドシア分析方法論とアルゴリズムを使用し、運用中の幾機種の航空機に広く設置されています。
地域的な対応態勢は空港の再近辺を超えています。
ヴァイサラのLLWASは、GLD360 グローバル・ライトニング・データセットのウェブベースでのリアルタイムの画像表示により、機能を強化することができ、また空港の近傍をこえる改善されたウンドシア検出のためのヴァイサラIRIS気象レーダー情報とも統合できます。
空港の個々の適性にあわせた最適なソリューション
納入されるすべてのヴァイサラのLLWASシステムは、標準的で、実証されたヴァイサラ気象システムのコンポーネントを使用している個々の空港の事情に合わせた製品設計がされています。経験豊富で、有能なヴァイサラの航空気象専門家は検討対象の空港にとってLLWASシステムが適用可能か、またはどの機種が適切かを決めるため、現地のアセスメントと観測を行っています。

コンポーネント

導入事例