AviMet® 国際民間航空機関(ICAO)準拠滑走路視距離(RVR)システム

航空機用に特に製品設計されたヴァイサラの測定器を使用する、空港向けの全自動RVRアセスメントおよびレポーティングシステム。本製品は高い稼働性と、メンテナンスの必要度の低さ、そして空港安全性と利用可能性を最大化するために対応の難しい視程環境でも正確な情報を提供できるよう製品設計されています。AviMet® RVRシステムは国際民間航空機関(ICAO)の要件に適合し国際民間航空機関(ICAO)の慣行に従っています。

概要

ヴァイサラのAviMet® RVRシステムは気象光学視距離、背景輝度と滑走路灯設定を測定し、国際民間航空機関(ICAO)アネックス3に従って滑走路視程距離を計算します。

RVRシステムは値と警報をATCディスプレイ上に表示可能で、これをPCs、チャートレコーダーやその他のデジタルディスプレイに送信できます。RVR値のレポーティングフォーマットは国際民間航空機関(ICAO)適合で、数値はMETARやMETでも使用可能です。

ヴァイサラのAviMet® RVRシステムはさまざまな出力通信フォーマットとの間でインターフェースをとることが可能で、さまざまな通信規格や通信規約に適合しています。さらに、データ出力はさまざまな通信媒体を経由して精確に送信されます。

 

Features
完全自動化されたRVRアセスメントとレポーティング
スタンドアローンなシステムとして、またはAWOSの統合された一部として
CATI、CATIIまたはIII airportsと互換可能
柔軟で拡張性があり、どのような空港の環境設定の必要性にも対応
国際民間航空機関(ICAO)適合レポーティングフォーマット
+ さらに表示
ヴァイサラAviMet® 滑走路視距離システムは視程センサ、背景輝度計とRVR値を算出するコンピュータから校正されています。この視程センサは、視程計または前方散乱式視程計の2つの製品のかたちで提供されます。RVRコンピュータは視程データ、背景輝度データと滑走路照明設定データを収集します。このデータに基づき、本製品はRVR値を算定します。RVRメッセージと警報は出力装置に送信されます。

特長

測定精度と信頼性
ヴァイサラAviMet® RVRシステムは、いかなる気候でもまた危機的な低視程の状況においても、それが必要とされるときは最善の精度を提供するよう製品設計されています。この機能はヴァイサラフィールド測定器のインテリジェントな製品設計のみならず先進的RVR計算アルゴリズムを通して達成されています。
先進的機能による寿命期間の費用低減
ヴァイサラRVRシステムを設置するとき、簡易な設置性、運用とメンテナンスが最重要視されます。本製品は多くの先進的機能を備えており、特にシステムのメンテナンスの必要性と費用を抑えるように製品設計されています。
全面的に環境設定可能で、国際民間航空機関(ICAO)カテゴリCAT Iから CAT IIIまでのすべての空港のニーズに対応しています。
ヴァイサラのAviMet® RVRシステムは全面的に環境設定が可能で、ヴァイサラAviMet® AWOSシステムと同様なコア構成機器を使用している空港においては導入可能です。

コンポーネント