AviMet® 米国連邦航空局(FAA)認定滑走路視程距離(RVR)

ヴァイサラAviMet®は、PCベースの滑走路視程距離(RVR)で、米国連邦航空局(FAA)が唯一承認したRVRシステムです。本製品は空港に全自動滑走路視程距離アセスメントとレポーティングを提供します。

概要

米国連邦航空局(FAA)認定の滑走路視程距離(RVR)システムではFS11 視程計、LM21背景輝度センサ、そして滑走路の照明の明るさを決定する新たに開発された滑走路灯強度モニタ(RLIM)が使用されています。この組み合わされたセンサシステムはデータ処理ユニット(DPU)と統合され、重要なRVR情報を提供して全米空域システム(National Airspace System (NAS))内での精密な着陸および離陸の運用をサポートしています。

Features
唯一のアメリカ連邦航空局(FAA)承認の、米国空港むけのPCベースのRVRシステム
CATI、CATIIまたはIII airportsと互換可能
インテリジェントなLRUの設計と診断機能は高MTBFと低MTTRを提供します。
柔軟で拡張性があり、どのような空港の環境設定の必要性にも対応
低い定期的なメンテナンスの必要性
アメリカ連邦航空局(FAA)のすべてのRVR仕様と要件に適合
既存のNG RVRシステムとともに設置することも可能
複数のセンサインターフェースの代替装置、モデム、光ファイバーまたは電波データリンクスにも対応
ヴァイサラAviMet®テクノロジープラットフォームの一部
+ さらに表示
ヴァイサラ FS11 視程計
近赤外線LED光源がつくりだす前方散乱測定を使用して、あらゆる天候状態で精確で信頼性の高い測定を提供します。米国連邦航空局(FAA)とヴァイサラの共同運用の成果として、FS11の性能はRVRのアプリケーション向けに最適化されてきています。FS11は包括的な内部診断機能を組み込んでおり、高出力ヒーターが装備されていますので雪の集積と結露を防止し、また性能の実証された測定器の窓汚染補償機能アルゴリズムも含まれています。
ヴァイサラ環境光センサLM21
環境光をトータルかつ精確に測定し、背景輝度測定を新たな水準の信頼性にまで引き上げました。本製品にはインテリジェントなモニタリングと汚れ補償機能が装備されています。観測機器の窓、フードと電気ヒーターはあらゆる気象条件において信頼性の高い測定を保証します。
滑走路光強度モニタ(RLIM)
RVRシステムの不可欠な一部です。本製品は滑走路灯と滑走路中心線灯の照明回路からの電流の流れを精確に測定し、決定します。この情報は滑走路の照明の光強度の設定を決定するために使用されます。ヴァイサラの各RLIMユニットは最大4台の現在使用されているセンサからの入力を受け付けることができます。
コントローラディスプレイ(CD)
繁忙なATCT環境の中での包括的な米国連邦航空局(FAA)のヒューマンエンジニアリング要件を超える製品設計がなされています。ディスプレイはタッチスクリーン方式で、容易にユーザーが環境設定できるよう、また診断機能ツール付きの製品設計となっています。ディスプレイにはタッチダウン、ミッドポイントとロールアウトゾーンのRVRと、ユーザーが選択した最大3本の滑走路灯と滑走路中心線灯の段階設定が表示されます。各ゾーンのLVAT制限値はタッチスクリーンのメニューから選択できます。
データ処理ユニット(DPU)
最大30台の視程センサ、2機の環境光センサ、10台の滑走路灯強度モニターからのデータを受け付け統合することができ、数百台ものコントローラディスプレイをサポートします。DPUの高い信頼性は冗長性の高いサーバーグレードのコンピュータとミラーリングされたデータ保存を利用することにより達成されています。

特長

唯一のアメリカ連邦航空局(FAA)承認のRVRシステム
ヴァイサラの品質管理と高いシステム要件に加えて、AviMet® 米国連邦航空局(FAA)RVRシステムは高航空業界でも最も厳しい仕様と要件に適合しています。米国連邦航空局(FAA)。このシステムが貴社と米国連邦航空局(FAA)要件を満たしていると確信いただけます。
ヴァイサラAviMet®テクノロジープラットフォームの一部
ヴァイサラAviMet®プラットフォームの一部であることは、業界でも最も広く使用されているAWOSシステムの高性能、信頼性と経験の恩恵を受けられることが保証されていることになります。ヴァイサラAviMet®の特徴です。
実証された性能と信頼性
航空業界における40年以上の経験と優秀性に基づいていること、フィールド測定機器/センサが高級業界向けに特に製品設計されていること。航空気象観測用のすべてのヴァイサラシステムとレポートは米国連邦航空局(FAA)、国際民間航空機関(ICAO)そして世界気象機関(WMO)規格と勧告に適合しています。

コンポーネント