AviMet® 自動気象観測システム(AWOS)

ヴァイサラAviMet® システムは国際民間航空機関(ICAO)と世界気象機関(WMO)に関連するすべての気象要件に適合しており、比較的小規模の空港およびヘリポートを含む空港に公式な気象情報を提供しています。このシステムは、継続的にリアルタイムの気象レポートをパイロット、空港管制官および空港管制管理官に対して提供し、国際民間航空機関(ICAO)の定めるすべてのカテゴリを空港が満足させるために全面的に環境設定することが可能です。ヴァイサラのAWOSシステムとソリューションは空港とともに発展し、このシステムを導入したことが賢明な選択であることを実証できるような製品設計になっています。

AviMet® Automated Weather Observing System AWOS

概要

ヴァイサラの最小インスタレーションシステムAviMet® AWOSは、フィールド測定器、通信装置、そしてワークステーションの役目を果たしソフトウェアアプリケーションを実行できる1台のセントラルデータユニット (CDU)で構成されています。この最小システム構成はシステムの寸法内であれば、いかなる制限もなく拡張することが可能です。このシステムの重要な機能はすべてはバックアップをとっておくことが可能でデータの流れに中断が生じないよう確保されています。

セントラルデータユニット

セントラルデータユニット(CDU)はメインコンピュータで、センサから送られてきたデータを収集し、気象計算を実施し、国際民間航空機関(ICAO)の定めた航空レポートを生成するとともに、継続的に入力されるデータとシステムそのものの全体的な診断を実施する機能が備わっています。CDUまた測定されたデータと計算されたデータを保存しておくのみならず送信されたレポートも保存します。ヴァイサラCDUは即時に対応できる予備システムとしてもまた導入可能です。

ワークステーションと画像表示

ワークステーションと画像表示 ワークステーションはさまざまなエンドユーザーアプリケーションを立ちあげ運用していくために使いやすいインターフェースを提供しています。ユーザープロファイルはアプリケーションの使用を管理し制限するために使用されるもので、これによって権限が与えられたユーザーだけが特定のソフトウェアの機能を使用できるよう確保しています。各ワークステーションにはすべてのアプリケーションが搭載されており、すべてのユーザーがユーザー自身のプロファイルパスワードどのワークステーションからでもログオンできます。よく使用されているワークステーションの選定機種:Observerワークステーション、Forecasterワークステーション、Weather Viewワークステーション、そしてRemote ControlそしてMaintenanceワークステーション。複数の画像表示オプションが利用可能で、各ユーザーの選好と必要性にあわせて環境設定ができます。

フィールド測定器

フィールド測定器 ヴァイサラフィールド測定器はとくに航空機むけに製品設計され、滑走路周辺の箇所の状態を代表するデータを収集するセンサおよびシステムから構成されています。

シームレスなインテグレーション

シームレスなインテグレーション AviMet®システムのオープンソフトウェアおよびシステムアーキテクチャは、気象データをいかなるATC、エアポートワイドサービスとメンテナンスシステム、そして空港が保有している可能性のあるその他の気象システムとスムーズに統合することを保証しています。本製品は、常に最新の関連する国際民間航空機関(ICAO)規格と勧告に沿って開発されています。

通信方法

通信方法 ヴァイサラのAviMet® AWOSはさまざまな出力通信フォーマットとの間でインターフェースをとることが可能で、さまざまな通信規格や通信方法に適合しています。

データベース

データベース ヴァイサラAviMet® AWOSシステムにはCLIMATのような気象レポートを生成するためにデータを保存しておけるリレーショナルデータベースが格納されています。このデータベースはにはセンサデータ、気象計算結果、送付済みレポートと技術的警告、ユーザーがトラブルシューティングのために利用できる警報と通知、その他処理終了後も保存しておくべきデータが保存されています。

+ さらに表示

特長

高性能を通しての安全性
ヴァイサラAviMet® AWOSは多くの点において当業界に最適なもので、航行運用上必要なすべての精度と信頼性を備えており、運用安全性という点では最大限度のものを提供していることを意味します。
実証された性能と信頼性
ヴァイサラAviMet® AWOSは空港で仕事をしている航空管制官、パイロットそしてその他のユーザーの方々に航空気象データを提供しています。本製品は航空業界における40年以上の経験と優秀性に基づいていること、フィールド測定機器/センサが高級業界向けに特に設計されています。航空気象観測に関するすべてのヴァイサラのシステムとレポート国際民間航空機関(ICAO)規格と勧告に適合しているのみならず、世界気象機関(WMO)のガイドラインにも適合しています。
使用しやすさと運用上の優秀性
ヴァイサラAviMet® AWOSはフィールドに設置されている測定機器からエンドユーザーのアプリケーションまで完璧に統合されたシステムです。気象センサとして出発したこのシステムは空港の運用および運用環境に合致するよう製品設計されるようになりました。このシステム全体のあらゆる側面はシステムの運用費用を削減するように製品設計されています。

コンポーネント

導入事例