Vaisala Total Lightning Processor™, TLP100 and TLP200 Series on Linux

TLP100/TLP200シリーズ Linux版トータル・ライトニング・プロセッサ™

TLPはさまざまなセンサ設定環境からのすべての雷データをリアルタイムに処理します。新しいTLPは改良点としてヴァイサラ特許の位置アルゴリズムと新しい伝搬補正サービスを導入しましたが、これによりネットワークの位置精度が改善され、250mまたはそれより高い精度をもたらすことになりました。

ヴァイサラの革命的な中央処理テクノロジーを取り入れたコンピュータによる雷ソリューションは、さまざまなタイプのセンサからの生データを、リアルタイムにソリューションに送信して画像表示し、アーカイブプロセッサに送信してフォーレンジックな用途に利用し、その上ネットワークの機能状況をモニターすることができます。新しいTLPは、改良点としてヴァイサラ特許の位置アルゴリズムと新しい伝搬補正サービスを導入しましたが、これによりネットワークの位置精度が改善され、250mまたはそれより高い精度をもたらすことになりました。TLPにはまた、多くの革新的なツールが導入されており、これにはセンサ、ネットワーク機能状態チャート、そしてさまざまな雷パラメータ用のネットワーク機能状態マップが含まれます。Linux向けのTLPの現在のバージョンは1.0.5で、Solaris向けはTLP1.0です。詳細はヘルプデスクまでご連絡ください。TLP200/100シリーズはCP7000/8000中央処理装置の更新製品です。

+ さらに表示