サンダーストームマネージャー

悪天候が近づいている場合に、業務効率の維持、資産の保護、人々の安全面への配慮が求められる業務においては、タイムリーで正確な情報を容易に利用できる必要があります。ヴァイサラの雷雲追跡システムは10年以上にわたり、そうした気象モニタリングに必要な詳細情報を提供してきました。

サンダーストームマネージャーは、接近する雷雲の追跡に役立つアプリケーションです。総観規模または全国規模の雷監視、地域の地上勤務員や整備員の安全確保、業務停止時間を最小限にとどめるといった広範な用途に役立ちます。

ヴァイサラの追跡システムであるサンダーストームマネージャーは、ヴァイサラの雷検知センサのグローバルネットワーク(GLD360 グローバル・ライトニング・データセット)および北米における当社の高精度雷検知ネットワーク(北米雷検知ネットワーク®:NLDN)を利用し、洋上や高山山頂といったレーダーなどの気象観測機器でカバーできない場所だけでなく、世界中のほぼすべての場所において警報を発することが可能です。

ヴァイサラ サンダーストームマネージャーは、接近する雷雲のリアルタイム追跡に役立つウェブベースのアプリケーションであり、パソコンまたはモバイル機器のブラウザを使用して表示できます。円形や多角形で1箇所または複数箇所における警報地域を表示し、そのエリアで発生している雷についてお客様に通知します。

サンダーストームマネージャーを使用することで、接近する雷雲をリアルタイムで追跡し、特定の地域に対する警報を入手することができます。

全般の特長

  • 対地雷および雲間雷の表示(利用可能な場合)
  • 雷の極性の表示
  • 色分け記号により低気圧経路を決定する雷の時間弁別:
    - 0~25分、5分インクリメント
    - 0~120分、15分および30分インクリメント
  • カーソルに追従する座標の表示
  • 専門ズームエリア選択によるズームおよびパン
  • 円形や多角形でお客様の資産をマップに追加
  • 2点間の距離の計測(落雷場所と資産の間など)
  • 日中モードと夜間モードの切り替え

警報の特長

  • 必要に応じて警報場所を追加
  • 警報場所ごとに3段階の警報を追加
  • 円形や多角形で警報地域を表示
  • 各地の警報エリアにおいて携帯電話で雷情報のメールやSMSを入手(利用可能な場合)
  • 複数のメールアドレスや携帯電話番号に警報を配信
  • 事前設定した時間(30分など)が経過しても放電が起こらなかった場合には警報解除通知を入手

アニメーションの特長

  • 複数の時間設定から選択(30分~24時間)
  • 複数の速度から選択
  • 雷をアニメーションで表示可能

階層化技術により、複数の情報源からの気象情報が追加可能

  • レーダー(利用可能な場合)
  • サテライト(利用可能な場合)

拡張機能製品

  • 雷の脅威ゾーン - 指定地域内で1時間以内に雷の発生する可能性を予測します(10分単位)。雷雲の軌道表示、速度と方向を含む降水セルの速度ベクトルの表示を含む
  • 嵐の強度 - 現在の雷の脅威地域と嵐の強度レベルを表示
  • レーダープロキシ(経験に基づく) - レーダーデータが利用できない場所について雷情報に基づいてシミュレーションを行ったレーダー画像

技術情報

対応ブラウザ(Windows、OS X、Linux、iOS、Android):

  • Internet Explorer 8 以降
  • Firefox
  • Chrome
  • Safari

雷のデータソース

  • 北米雷検知ネットワーク®(National Lightning Detection Network®: NLDN)
  • GLD360 グローバル・ライトニング・データセット
  • お客様所有のヴァイサラ高精度雷検知ネットワーク(サンダーストームマネージャー ウェブサーバーが必要)

オプション

  • WMSレイヤー
  • 顧客資産周辺の警報場所を多角形形状で設定可能

警報

  • 警報はサーバーベースで、ディスプレイとは独立してバックグラウンドで稼働
  • 監視サイトごとに複数の警報エリアを持つことが可能。また、監視エリアごとに異なる通知(情報、注意報、警報等)の提供が可能
  • メールまたはSMSを介して、警報解除通知を含む警報通知の提供が可能
+ さらに表示

特長

世界中ほぼすべての場所において警報を発することが可能
洋上や高山山頂といったレーダーなどの気象観測機器でカバーできない場所にも対応しています。
接近する雷雲のリアルタイム追跡に役立つウェブベースのアプリケーション
パソコンまたはモバイル機器のブラウザを使用して表示します。
接近する雷雲をリアルタイムで追跡し、特定の地域に対する警報を入手

導入事例