Vaisala Thunderstorm Tracking Software LTS2005

LTS2005 サンダーストーム追跡ソフトウェア

LTS2005は 使いやすいフォーマットでリアルタイムの雷情報を画像表示し雷雨、層積雲のセルの発達をモニターして深刻度をアセスメントし、嵐の進行方向と強度を予想します。

ヴァイサラのLTS2005 サンダーストーム追跡ソフトウェアは、使いやすいフォーマットでリアルタイムの雷情報を画像表示し雷雨、層積雲のセルの発達をモニターして深刻度をアセスメントし、嵐の進行方向と強度を予想します。LTS2005は音声および視覚的な電子メール警報と警報解除を発出します。LTS2005は数百キロから数千キロメートル平方におよび広大な地域全体にわたり正確な予測と現在予報を行う責任を担っているオペレーター向けに製品設計されています。気象庁および水理気象学庁、航空管制管理局、電力会社、森林および国土管理省、国際空港、電気通信ネットワーク、軍事、鉱山会社そしてその他多くの官公庁および企業。LTS2005はまた雷リスクマネジメントに焦点を絞った運用にも適しています。解釈の容易なディスプレイモード、システム設定、警報対象地域の設定、そしてオンラインヘルプファイルは、気象予報担当者としての訓練を受けていないオペレーターでも取り扱うことができます。

技術仕様

システム環境設定

  • オペレーティングシステム: ​Windows®7と10
  • 通信インターフェース:​TCP/IP、端末サーバー付きの衛星レシーバ

ワークステーション、通信およびデータサービスを含む
ターンキーのインスタレーションと共に推奨される環境設定については貴社担当の
ヴァイサラの販売担当者にお問い合わせください

雷のデータソース

雷データ北米雷検知ネットワーク(U.S. National Lightning Detection Network®)、カナダ雷検知ネットワーク、GLD360 グローバル・ライトニング・データセット、またはヴァイサラの雷雨中央処理装置TLPと前記の中央処理装置CP8000またhaCP7000LP(IMPACT)、そしてCPS(SAFIR)を使用する何れかの雷検知ネットワークから入手します。

サポートサービス

トレーニングとテクニカルサポートサービスは
最適なソフトウェアとシステム性能を維持するために利用可能です。サービス契約の情報については、貴社担当のヴァイサラの販売担当者にご連絡ください。

Features
各ループの間にアップデートされる新しい雷位置判定機能の付いたライブルーピングによるアニメーション
電子メールでの警報と警報解除
マップレイヤーのカスタマイズ
どのような広さまたは形状の警報地域でも
ストロークまたはフラッシュ落雷データの画像表示
入手可能な場合には雲データの画像表示
衛星セル別ディスプレイモードでのセル別の位置での予報
個々の雷イベントについてのクエリの発行
MapInfo®と互換性のあるマップファイルのインポート、いかなる広さまたは形状の区域でも複数の警報の発出、警報情報の条件に合致した場合の視覚的および聴覚的な電子メール警報の発出、正常状態復帰および全警報解除の電子メールを警報状態が去った時点で送信、経時的に雷を再検討するための.aviファイルの作成、パスワード保護されたシステム設定、他のプログラムで使用するためのオプションのASCII出力、オプションの自動イメージ捕捉/保存、当社のロゴを使用できる資格
+ さらに表示

特長

解釈の容易なディスプレイモード、システム設定、警報対象地域の設定、そしてオンラインヘルプファイルは、気象予報担当者としての訓練を受けていないオペレーターでも取り扱うことができます。
警報対象区域を円や多角形で容易に明示し、変更することができ、また電子メール警報通知を発出できます。
ビデオを再生してまたは表形式のフォーマットを使って以前の電子的に保存されている嵐の情報をレポートします。