Vaisala Fault Analysis and Lightning Location System

FALLS - 故障解析・雷位置計測システム

ヴァイサラのFALLS(故障解析・雷位置計測システム)はユーザーフレンドリーなクライアント/サーバーソフトウェアで、電力会社、法力発電所運営会社、そしてその他の営利発電会社に対して雷がその保有する資産に影響を及ぼすかについて容易に判断することができるようにするものです。即座に過去の発生事例と経時的に蓄積された雷データを迅速に分析し、アクセスする FALLSクライアントソフトウェアは雷によって損害を被るかを貴社が判断するにあたってプロアクティブな対応をとることを可能にします。このソフトウェアはイベント・バイ・イベントベースで障害の相関関係の把握を迅速かつ容易に行えるようにし、雷関連イベントに関する統計情報と製品設計への影響の大きさについての情報を入手し、そして資産(例えば送電線や風量タービン)またはある地域に対する雷の危険性を評価し、メンテナンスの優先順位に関する情報をそろえておきます。

FALLS®サーバーは雷データマネジメントプロセッサのモジュールで、ヴァイサラの雷雨中央処理装置からリアルタイムに雷データを受信し、保存します。ヴァイサラの雷雨情報システムのオペレータはFALLS®サーバーを使って雷データをアーカイブしまたリレーショナルデータベースに保存することができます。ユーザーはアーカイブされたデータに容易かつセキュアにアクセスでき、雷画像表示ソフトウェアや雷分析ソフトウェアでこれを利用できます。また、The FALLS®サーバーはリアルタイムの雷データにセキュアなアクセスを提供します。

ヴァイサラのFALLS®サーバーは業界標準の公開されている1セットのStructured Query Language (SQL) のファンクションコールとプロシージャを実装しており、雷データに柔軟で効率的な操作ができます。

ヴァイサラのFALLS®クライアントは革新的なソフトウェアで電力会社、風力発電会社のオペレータやその他でも利用されており、GIS(地理情報システム)環境で記録されている以前の雷情報についてクエリを発行して検索ができます。ヴァイサラのFALLS®クライアントソフトウェアは雷の情報をマップ、グラフ、統計表のかたちで生成でき、その上、雷が資産とシステム与える影響を分析するために使用できます。雷によって引き起こされた疑いのある障害を調査している場合であれ、貴社のサービス地域の気候を研究している場合であれ、ヴァイサラのFALLS®は使いやすいプラットフォームを提供し、保護投資に関して量を定め、関優先順位を付けます。

信頼性分析

信頼性分析はイベント特定的な雷の分析をほぼリアルタイムでマップ表示してくれます。本製品は性能が十分に発揮されていない資産区分またはシステムの弱点の存在する箇所を特定し、貴社の雷保護計画を検証し、貴社の資産で起こった障害と雷の発生または雷の不発生との相関関係を明らかにします。

地域別分析

地域別分析は地域別および局所的な雷による放電の発生および/または密度に関する情報をユーザー特定的な期間について提供します。本製品は数日間、数週間、数ヶ月間または年間にわたり、雷の発生したホットスポットを特定し、雷の生起、振幅そして極性について調べるために利用されており、貴社のサービス地域で雷が発生する期待頻度を統計的に検証しています。

エクスポージャ分析

エクスポージャ分析は地点毎にまたはグリッド毎にユーザーが指定した資産の緩衝地区内で雷の活動数値と対応を分析して解明してくれます。本製品は貴社のサービス地域および/または資産上に雷の発生する時間的なトレンドをプロットし、雷のエクスポージャ(危険暴露)の数量と強度毎にランク付けし、ユーザーが指定した資産の緩衝地区内(例:送電線の周辺1kmほど)の周辺の極性と振幅を区分けしています。

Features
長期保存のため雷撃と突入電流のデータをリレーショナルデータベースに保存し、嵐が過ぎ去った後、また数年間の統計的分析のために使用することができます。
複数のワークステーションと同時のクエリをサポート
複数のユーザー接続の管理、この中にはユーザーを追加できるかを掌握する計数管理およびセキュリティ管理機能が含まれています。
標準的およびカスタマイズされた雷データフォーマットでの出力を提供し、外部データを取り込めるよう環境設定された気象画像表示ソフトウェアにインテグレーションします。
ヴァイサラのTLD100とTLD200を使って蓄積された20年以上の経時的なデータにアクセス可能
GIS(地理情報システム)機能
自動生成マップによって時間の節約
処理待ち行列となった分析を自動的に処理し、優先順位をつける
バックグランドで分析を実行中も他のタスクを実行可能
色彩別、時間、極性そして振幅コードを使っており、雷データの解釈が容易
不要な雷データをフィルターして除外
ユーザーは開始日と終了日とを設定することによって自動分析を実行することができるほか、その他の基準も設定できます。
+ さらに表示

特長

リアルタイムとアーカイブされた雷情報への容易で安全なアクセス
対象地域内のどこでも、そして必要に応じていくら長期間にわたっても(例:複数年)、落雷と雲間雷イベントにアクセスします。
ユーザーにとっての柔軟性
複数のユーザーが同時に雷の情報にアクセスするためヴァイサラのフォールト解析および雷ロケーション特定システム(FALLS® クライアント)を使用できます。ユーザーはデータをさらに分析するため他のGISアプリケーションまたはスプレッドシートにエクスポートできます。ユーザーはまた障害情報をインポートして以前の放電イベントの時間内の相関関係を迅速に把握することができます。
改善された生産性
FALLS®の分析待ち行列を使って貴社の飛行分析に優先順位を付けます。一つの分析と原因解明を行いつつ、バックグランドで他の処理も行える能力があり、貴社の生産性を改善します。