FALLS - 故障解析・雷位置計測システム

Vaisala Fault Analysis and Lightning Location System

FALLS - 故障解析・雷位置計測システム

ヴァイサラのFALLS(故障解析・雷位置計測システム)はユーザーフレンドリーなクライアント/サーバーソフトウェアで、電力会社、法力発電所運営会社、そしてその他の営利発電会社に対して雷がその保有する資産に影響を及ぼすかについて容易に判断することができるようにするものです。即座に過去の発生事例と経時的に蓄積された雷データを迅速に分析し、アクセスする FALLSクライアントソフトウェアは雷によって損害を被るかを貴社が判断するにあたってプロアクティブな対応をとることを可能にします。このソフトウェアはイベント・バイ・イベントベースで障害の相関関係の把握を迅速かつ容易に行えるようにし、雷関連イベントに関する統計情報と製品設計への影響の大きさについての情報を入手し、そして資産(例えば送電線や風量タービン)またはある地域に対する雷の危険性を評価し、メンテナンスの優先順位に関する情報をそろえておきます。

特長

リアルタイムとアーカイブされた雷情報への容易で安全なアクセス
対象地域内のどこでも、そして必要に応じていくら長期間にわたっても(例:複数年)、落雷と雲間雷イベントにアクセスします。
ユーザーにとっての柔軟性
複数のユーザーが同時に雷の情報にアクセスするためヴァイサラのフォールト解析および雷ロケーション特定システム(FALLS® クライアント)を使用できます。ユーザーはデータをさらに分析するため他のGISアプリケーションまたはスプレッドシートにエクスポートできます。ユーザーはまた障害情報をインポートして以前の放電イベントの時間内の相関関係を迅速に把握することができます。
改善された生産性
FALLS®の分析待ち行列を使って貴社の飛行分析に優先順位を付けます。一つの分析と原因解明を行いつつ、バックグランドで他の処理も行える能力があり、貴社の生産性を改善します。

関連情報