サーマルマッピング

Vaisala Thermal Mapping

サーマルマッピング

サーマルマッピングは車両をベースにした観測技術で、高速道路ネットワーク全体にわたり温度差の分布を特定し、数量化できる科学的に実証されたものです。

特長

潜在的に危険なセクションを特定
サーマルマッピングは最初に凍結する可能性のある道路の区域を特定する、全ネットワークを通しての温度関係を提供します。これは道路気象ステーションだけを用いていても明らかにはならない可能性があります。
選択的な凍結防止戦略を可能にする。
サーマルマッピングは、ルート最適化のための中核となる入力データとともに、対処が必要な地域を特定できるとともに、それらの地域を対象化することができます。
道路気象ステーションの最適な位置と数を特定する
サーマルマッピングは、ネットワークまたはクライマティック・ドメインに表示される安定的な温度特性をもった道路の区域を特定し、気象ステーションの最適な位置を特定します。
氷結予知を個々の気象ステーションの場所から道路ネットワーク全体に拡大する
サーマルマッピングは、全ネットワークにわたって最低温度を外挿することができるので、気象ステーションの間の路面温度の関係に関する情報を提供します。
数量的参考データを提供する。