ルート最適化

Vaisala Route Optimization

ルート最適化

ルート最適化は個別対応のコンサルタントサービスで、ベストプラクティスに従いつつ資源を最適化するための冬期の対処ルートを決定する業務に特殊化しています。

特長

同じ道路ネットワークに対処することにより必要ルートを少なくし、経費を節約します
最適な一群の対処ルートを決定することにより、ルート数の削減は既存のサービス水準を損なうことなく達成されています(通常、ルートの削減は距離にして10~20%で、道路ネットワークのタイプとサイズ、そして優先されるプロジェクト目標に依存します)。ヴァイサラの現在の対処法についての独立監査の結果、冬期のサービスとして、ほかにさらに節減が期待できる分野があることが、また明らかにされています。
訴訟から守ります
総合的なルート最適化サービスを引き受けることは、そのサービスプロバイダは冬期メンテナンスに慎重に対処することに注力しており、資源の可能な限りの効率的な使用を達成するため努力していることを示しています。ヴァイサラのルート最適化サービスに委託することはベストプラクティスを達成する強い意志の表明とみなされ、サービスプロバイダの能力の完全性が疑われるような場合にも、大きな優位点となります。
環境への影響を削減できます
道路凍結の恐れがある夜、凍結防止用の塩をまくことは、維持されるべき道路ネットワークの一部だけ対処され、対処用の資材を使用するについても金銭的とともに環境的な利点をもたらすことを意味します。現在の対処法である個別アセスメントにはいくつかの分野で潜在的な改良点があることが明らかになっており、対処率と貯蔵施設など、また対処用資材の使用削減にも導かれます。
運用基準の変更
対処率、対処時間そしてルートの効率性のような成果指標の評価はしばしば外部的な政治的状況により変わる可能性があります。ルート最適化は、対処されたルートがサービスプロバイダに課される加重な外部的圧力に適合するよう保証します。
リソースの変更と合理化
ルート最適化はメンテナンスされた道路ネットワークに変更を加え、資材集積所の設置場所を変更し、また車両数とその能力について変更を加えるよう確保します。継続的ルート最適化契約は、例えば長期の高速道路メンテナンス、建設プロジェクトや段階的な車両の調達のような要因に基づくルート、毎年の変更に対応して内容を定められます。
業務承継計画の立案
対処ルートの管理と変更は、しばしば個人または少人数のグループによって掌握されます。次第に劇的な変化を見せつつある作業環境において、人員の1名または全員を失っても提供されるサービスの水準に影響が及ばないよう確保することが重要となります。独立したルート最適化の訓練はこのような影響を最適化するのを助けます。