Vaisala Route Optimization

ルート最適化

ルート最適化は個別対応のコンサルタントサービスで、ベストプラクティスに従いつつ資源を最適化するための冬期の対処ルートを決定する業務に特殊化しています。

ヴァイサラルート最適化は個別対応の、部分的でない総合的な冬期メンテナンスコンサルタントサービスです。冬期のルート対処法の開発に特化しており、費用削減、選択的対処計画そして資源の再配分を含む一定範囲の目標を達成させています。

ルート最適化サービスは個々の顧客の要求事項に応えて、容易に環境設定が変更可能です。事前予防的(凍結防止)、事後対応的(除氷)と除雪という対処の態勢はすべて準備されおり、前もって湿らせること、乾燥拡大などの方法論も同様です。

ヴァイサラのルート最適化チームは英国、欧州と米国において10年以上にわたりルートの凍結防止、除氷と除雪を行う作業を設定する経験をもっています。

契約プロセスの間には洗練されたコンピュータツールが利用される一方で、経験の教えるところでは成功裏名ルートの決定は、熟練した職員による直接の応談や助言を提供し、重なる柔軟性を必要とする双方向のプロセスであることが分かってきました。ヴァイサラのルート最適化サービスは高速道路エンジニア、GISスペシャリストから専門家気象予報担当者、車両スペシャリストに至るまでの包括的に社内で蓄積されてきた専門知識のもたらすメリットを提供します。

ルート最適化チームはサービスプロバイダと提携関係を築いて、新たなルートが法律上のガイドラインすべてに適合しているよう確保するとともに、その他何れかの目標やベンチマークを達成するよう確保します。日常的にフィードバックがループする体制を整えており、ルートの設定プロセスの間に利害関係者の意見が取り入れられるようになっており、最終的に設定されたルートが利害関係者全員に受け入れられるよう運用上確保されています。

ルート最適化プロジェクトの最初の段階は典型的にはクライアントの現在の運用状態を再検討することから始まり、費用節減の最適な機会を提供できる他の運用シナリオがどれかを評価します。通常、ルート設定は既存の運用の再検討が終わってから開始されます。しかし、この最初の見直しも第三者のコンサルタントとして現在のサービス水準について詳細な分析を行ったレポートを提出するという別のサービスとしても提供できます。既存の対処体制についてベンチマークを設定して再検討するという方法は評価できないほど価値のあるもので、構造化された一連の将来に向けた勧告や措置を組み立てるフレームワークとして使用することができます。
構造化された一連の将来に向けた勧告や措置を組み立てるフレームワークとして使用することができます。

コンサルタントサービス

コンサルタントサービス 冬期メンテナンスという常に変化して止まらない環境において、サービスプロバイダは適した予算が提供されない中で、継続的にサービスレベルを改善するよう期待されています。法律が変わることはサービスプロバイダにまた新たな課題をつきつけるもので、残りの資源に負担をかけます。道路管理当局は「最適値」という解釈の余地の広い原理を順守して資源を最適に利用するよう期待されていますが、成果を評価する一貫した指標がしばしば存在しないことから、ベストプラクティスと考えられるものとの対比で、現在のサービス水準をベンチマークとして評価するのを困難にしています。

ヴァイサラが冬期サービスのソリューションとして最先端に立っていることは、この立場はパフォーマンスのベンチマーク数値の代わりに、当社の包括的でグローバルな経験を顧客に提供できるということです。

通常、コンサルタントの再検討では、道路ネットワークの責任範囲というような点が検討対象となります。近接している道路管理当局との整合性、対処資材と貯蔵、対処基準、パーキングエリアと通行自動車の検討、校正という論点、氷予測システムの有効性、ルート最適化を通じての潜在的な資源節約の範囲、そしてクライアントが要請するその他の分野です。すべての見直し作業は、冬期サービスに価値を付加するよう、また短期、中期そして長期的に継続的な資源の節約も提供するよう設定された構造化された一連の勧告というかたちで結実します。

常に増加してやまない各国当局から現在のサービスベンチマークの設定を依頼され、また冬期メンテナンスのベストプラクティスの達成にむかって各国の環境に適した各院的なソリューションを探し出すことも求められています。ヴァイサラのコンサルタントサービスは、利害関係者に対して現在提供されているサービスが利用可能な資源を可能な限り最善のかたちで利用して提供されていることを、より確信をもって受け入れられるよう再検討するものであり、現在そのような状況にないとしたら、前記の基準を達成するための調整を勧めます。

Features
ヴァイサラのルート最適化サービスはスタンドアローンのプロジェクトとして実施することも、また他のヴァイサラ製品やサービス完全に統合して提供することもできます。
熱マッピングデータはルート設定プロセスに統合可能です。熱対処ルートは道路ネットワーク内の比較的暖かい地域と寒冷な地域に合わせて設定されており、氷点下以下の温度が予測される夜にルートごとの意思決定が可能となります。
ルート最適化は常に既存の(あるいは予定されている)資源の使用効率を最大化することを目指して行われますが、一般的にはサービスの水準を下げずにおくため利用可能ルートを削減するというかたちになります(道路ネットワークの種類や大きさ、そして何よりも優先されるべきプロジェクトの目的にも依存しますが、通常ルートの削減は距離にして10~20%になります)。
GISの実施:実用ルートマップはハードコピー又は電子的イメージフォーマットのかたちで作成されます。ルートマップはGIS環境で作成され、個々のルートのレイヤー地図を参照するかたちで示され、必要に応じてGISプラットフォームに取り込むかたちでエクスポート可能です。
ルート最適化はすべての道路ネットワークタイプ(都市、地方そして線状道路ネットワーク)と道路ネットワークのサイズにも適用可能です。現在までの最小の契約は、130kmの道路ネットワークで3本のルート、そして最大の契約は9450kmの道路ネットワークで297本のルートを管理するために設計されたものです。
ルート最適化は道路ネットワークの変更、パーキングエリア、通行車両、制約条件の制限の変化(対処率と対処回数)に対応して実施することができます。
ルート最適化は新たに対処用資源を調達前に、最適な対処体制と車両台数を提案するために使用できます。
複数の対処方のシナリオを提供できるモジュラールートも設定可能です。
+ さらに表示

特長

同じ道路ネットワークに対処することにより必要ルートを少なくし、経費を節約します
最適な一群の対処ルートを決定することにより、ルート数の削減は既存のサービス水準を損なうことなく達成されています(通常、ルートの削減は距離にして10~20%で、道路ネットワークのタイプとサイズ、そして優先されるプロジェクト目標に依存します)。ヴァイサラの現在の対処法についての独立監査の結果、冬期のサービスとして、ほかにさらに節減が期待できる分野があることが、また明らかにされています。
訴訟から守ります
総合的なルート最適化サービスを引き受けることは、そのサービスプロバイダは冬期メンテナンスに慎重に対処することに注力しており、資源の可能な限りの効率的な使用を達成するため努力していることを示しています。ヴァイサラのルート最適化サービスに委託することはベストプラクティスを達成する強い意志の表明とみなされ、サービスプロバイダの能力の完全性が疑われるような場合にも、大きな優位点となります。
環境への影響を削減できます
道路凍結の恐れがある夜、凍結防止用の塩をまくことは、維持されるべき道路ネットワークの一部だけ対処され、対処用の資材を使用するについても金銭的とともに環境的な利点をもたらすことを意味します。現在の対処法である個別アセスメントにはいくつかの分野で潜在的な改良点があることが明らかになっており、対処率と貯蔵施設など、また対処用資材の使用削減にも導かれます。
運用基準の変更
対処率、対処時間そしてルートの効率性のような成果指標の評価はしばしば外部的な政治的状況により変わる可能性があります。ルート最適化は、対処されたルートがサービスプロバイダに課される加重な外部的圧力に適合するよう保証します。
リソースの変更と合理化
ルート最適化はメンテナンスされた道路ネットワークに変更を加え、資材集積所の設置場所を変更し、また車両数とその能力について変更を加えるよう確保します。継続的ルート最適化契約は、例えば長期の高速道路メンテナンス、建設プロジェクトや段階的な車両の調達のような要因に基づくルート、毎年の変更に対応して内容を定められます。
業務承継計画の立案
対処ルートの管理と変更は、しばしば個人または少人数のグループによって掌握されます。次第に劇的な変化を見せつつある作業環境において、人員の1名または全員を失っても提供されるサービスの水準に影響が及ばないよう確保することが重要となります。独立したルート最適化の訓練はこのような影響を最適化するのを助けます。