ヴァイサラ K-PATENTS® PR-23-SD SAFE-DRIVE 屈折率計の安全な使用に関するトレーニング

SAFE-DRIVE 屈折率計は、クラフトパルプ工場においてインラインで使用され、乾燥固形分、液体密度、濃度、および全滴定アルカリ(TTA)を計測します。本屈折率計は、BLRBACが推奨する適正で安全な黒液回収ボイラーでの黒液の燃焼に従って作業が進行している間は格納しておける装置です。 

ヴァイサラの SAFE-DRIVE システムに関するトレーニングは、初心者から経験豊富なオペレーターまで、安全で制御された環境で学習および演習することができます。経験豊富なオペレーターは、機器の知識と安全な操作方法を磨くこともができます。

トレーニングは、座学、実演、および当社の熟練した専門家の指導の下、SAFE-DRIVE 第 2.1世代デモ機器を使用するハンズオンセッションで構成されています。

トレーニングはすべてのユーザーに適しています。 

+ さらに表示

特長

インストラクター主導のハンズオントレーニング
当社の経験豊富なトレーナーの指導の下、実物大のツールとシステムを使用する包括的なインストラクター主導のハンズオントレーニング
完全にカスタマイズ可能
特定のニーズに応じてトレーニングを完全にカスタマイズするオプション。
さまざまな資料を使用
独自の学習スタイルをサポートするさまざまな資料。テキスト、ビデオ、ハンズオン実習などがあります。

ダウンロード