RG13/RG13H 降雨計

距離の離れた場所や手入れがされていない場所向けに特に製品設計された雨量計で転倒ます式雨水受水装置を使用し、事前に決定された少量の降雨情報を受信するたびに接点の開閉を行います(オプションの転倒ます式雨水受水装置では0.2mm、0.1mm、0.5mm)。

+ さらに表示

特長

堅牢な作りで過酷な環境むき
雨量計の本体と漏斗はアルミニウム合金製です。精確に機械加工されたセプタムリングは上部に配置され、開口部はちょうど400cm2です。転倒ます式雨水受水装置は、ダイキャスト製のアルミニウム合金の台座の上に本体内部に搭載されており、装着用のスロット、整準ねじ、そして水準器を装備しています。
信頼性の高い可倒機構
機構はその中心で回転する2つの部分に分割された雨水受水器から構成されています。雨は上半分の部分に収集されます。上半分がいっぱいになると、この機構では傾き収集した水を下半分に放出します。センサ本体の内部にヒーターが設置されています。ヒーターは温度が+4°C以下になると通電し始めます。
精確な測定を提供
サイホン装置が漏斗の基部に装着されており、雨水受水装置に流入する水の比率を調整しています。転倒ます式雨水受水装置に一定の率で水が流入するよう確保することによって、校正はより容易になり、精度は改善されます。雨が降り続く間はずっと雨の受水と排出が繰り返し継続され、傾斜するごとに電磁石が磁気式リードスイッチとの接触を閉じさせます。