LT31 透過率計

Vaisala Transmissometer LT31

LT31 透過率計

精確で信頼性が高世界気象機関(WMO)と国際民間航空機関(ICAO)適合の滑走路視程距離(RVR)により、空港のダウンタイムは減少し、運用の安全性は向上します。ヴァイサラ LT31 透過率計は、使用機会の中断なく最小のメンテナンスで正確な指定データを提供する高品質なRVRのオブザーバです。

特長

測定範囲は10mから10000m
LT31は、RVRの自動測定のために最も精確で信頼性の高いソリューションを提供します。気象光学範囲(MOR)測定範囲は10mから10,000mで、必要とされるRVR距離(CATI〜CATIIIb)を完全にカバーしているとともに、航空視程として必要とされる距離(国際民間航空機関(ICAO)が設定した視程)もカバーしています。LT31のこの精度は国際民間航空機関(ICAO)と世界気象機関(WMO)要件をみたしています。
前方散乱センサに統合された自動校正
視程計の構成は伝統的には人間の観測に基づいて行われてきました。信頼性の高いと精確な校正を行うには非常によい視程、安定した状態、そして機能と多くのトレーニングを積んだ職員が必要とされてきました。ヴァイサラ特許の視程計の自動校正の方法は、統合された前方散乱センサ/現在気象センサに基づいて行われます。このシステムは自動的にドリフトを検知し、センサの設定をそれにあわせて調整します。気象条件は手動で校正するときほど良好である必要はなく、LT31は自動的に適した状態を認識します。
汚れの削減
一般的に、降水は測定器の窓の汚れにつながります。LT31は寸法の長く幅の狭い気象保護フードを備えており、降水から生ずる測定窓の汚れの量を減らします。
自動測定器の窓汚れ補償機能
測定器の窓汚染は視程計がエラーを起こす大きな原因となっています。高精度を保つには頻繁なクリーニングが必要とされてきました。しかし、即的の窓の透過率が正確に測定できれば、汚れの影響も自動的に補償できるようになります。
白色LEDは広い範囲のスペクトルを提供します。
LT31は光源として白色LEDを採用しています。白色光は透過率の測定に最高の精度をだすために必要です。世界気象機関(WMO)は狭いスペクトルの光源(例えばレーザーや有色LED)はいくつかの気象条件のもとでエラーを生じさせるため、視程計の光源としては広いスペクトル(白色)の光源を使用することを推奨しています。
包括的な自己診断
LT31は洗練された自己診断機能を備えており、すべての機能装置の詳細なステータス情報を提供します。さらに、この特色は技術的な故障箇所を見つける助けとなります。本機種は本測定器からの警報や警告のような重要な運用上の状況の履歴を記録します。

詳細

仕様

Datasheet

資料

Datasheet