LM21 背景輝度センサ

滑走路視程距離(RVR)と国際民間航空機関(ICAO)空港視程システム向けのインテリジェントで独立した背景輝度センサ(環境光センサ)です。ヴァイサラLT31とFS11センサとの統合が容易です。

Features
インテリジェントで独立したセンサ
検証された正確性と明所視反応
包括的な自己診断
窓汚染の測定と補償
光路障害検知
積雪を防止する高性能ヒーター
測定標準にトレーサブルな校正値
フィールド校正用の機器をご用意
容易な校正
+ さらに表示

特長

容易な校正
LM21の構成は光度の国際的な計測基準にトレーサブルなものです。ヴァイサラ フィールド校正 LMA21がLM21に接続されると自動的に校正が開始されます。
ヒトの目に類似する
LM21は検証された明所視スペクトル応答を備えた精密光度計です。LM21は6度の角から入射してくる光のトータルな量を計測し、その計測されたデータをcd/m2に変換します。
総合的な自己診断機能
LM21はインテリジェントで独立したセンサです。信頼性が高く、中断のない運用を確保するため、本機種には高電力ヒーティング機能とともに包括的な自己診断機能が付いています。