FS11P 現在天気計

滑走路視距離(RVR)、航空視程および総観視程、現在天気観測など、さまざまな苛酷な航空気象用途向けに設計されています。

Features
降水タイプと降水強度を判別
航空および総観の両方の用途に使用可能
アメリカ連邦航空局(FAA)により選定、使用され、最も広く実績のある前方散乱式RVR用センサ
RVRおよび視程計測に関するFAAおよびICAOの仕様に準拠
最も広く実績のある現在天気センサ技術
ICAOフランジブル基準に準拠
+ さらに表示

特長

高価値
RVR用視程、および現在天気計をオールインワンで実現
最小ルックダウン形状
投受光部はルックダウン設計となっており、風で飛んできたすべての粒子から(水平に飛んできた粒子からも)レンズの遮蔽に対して保護します。
信頼性
4つの主な設計機能(例:光路クリアランス監視回路)が組み込まれており、厳しい天候下でも信頼性の高い稼働を実現します。

導入事例