FS11 視程計

FS11 視程計は国際民間航空機関(ICAO)、アメリカ連邦航空局(FAA)、世界気象機関(WMO)の各ガイドラインに準拠して設計された、滑走路視距離(RVR)評価、空港視界計測などの苛酷な用途での使用に最適です。FS11P 現在天気計は滑走路視距離、航空視程および総観視程、現在天気観測など、最も過酷な気象観測用途向けに設計されており、ドイツ気象庁DWDで採用されています。

本製品は、最高の精度、最高の信頼性、幅広い計測範囲、低メンテナンスという最適な組み合わせを提供します。

Features
滑走路視距離(RVR)向けに特別に設計
FAAおよびICAO仕様に準拠
FAA指針に準拠した機械設計と高性能ヒーター
航空気象および地上実況気象通報式(SYNOP)における視程計測にも使用可能
+ さらに表示

特長

FAAおよびICAO仕様に準拠
気象光学距離(MOR)の計測範囲は5m~75,000mです。これは、必要とされるRVR距離(CATI 〜CATIIIb)を完全にカバーしているとともに、航空視程として必要とされる距離(国際民間航空機関(ICAO)が設定した視程)もカバーしています。
最小ルックダウン形状
投受光部はルックダウン設計となっており、風で飛んできたすべての粒子から(水平に飛んできた粒子からも)レンズの遮蔽に対して保護します。
正確でトレース可能な計測
すべてのヴァイサラ FS11は、科学的に有効な一連の基準を通して校正されています。

導入事例