WRK200 気象レーダー

WRK200は、クライストロン送信機技術を採用しており、スペクトル純度、位相雑音性能の極めて優れた二重偏波気象レーダーです。

+ さらに表示

特長

Sバンドの性能をCバンドの価格で
WRK200は、Cバンドに比べて一般的に2~3倍のコストのかかるSバンドレーダーとほぼ同等の降水観測性能を提供します。
二重偏波モード
WRK200は、二重偏波同時送受信(STAR)モードまたは水平偏波送信&二重偏波受信(LDR)モードを切り替えて運用することができます。
降水量数値観測
KDPデータを用いた降水量の数値観測が可能です。通常のレーダー反射強度から得られるデータに比較し、KDPはシステムの校正不良や、クラッター・ビーム遮蔽などの影響を受けません。中程度以上の降水量観測に適しています。

導入事例