IRIS 気象レーダーソフトウェアパッケージ

IRISは、システム制御、運用パラメータの設定、校正など、システムに必要な機能が全てパッケージングされた気象レーダー用ソフトウェアです。ユーザー様のご意見を取り入れながら新しく開発されたデータ表示ソフトウェアであるIRIS Focusには、画期的ななツールが数多く搭載されており、データの確認・解析などの作業が簡単でシンプルな操作で行うことができます。

IRIS Focus - 詳細

IRIS Focusにより、ヴァイサラは気象レーダーソフトウェアの水準を引き上げました。IRIS Focusは、優れたグラフィック表示とデータ処理性能を活用し、より多くの気象レーダーのデータを表示し、高速な解析を可能にします。悪天候追跡やクロスセクション・ツールなどの解析ツールによって悪天候の動きや構造をより正確に把握することにより、さらに正確な予測や早期の監視や警告を可能にします。ユーザーを想定して設計されているIRIS Focusは、気象レーダーのデータを最大限に活用することができる使いやすいツールを提供します。

強化されたデータ表示・解析機能

IRIS Focusでは、より多くの気象レーダーのデータを一画面に表示することが可能です。マルチパネルディスプレイ機能を使用して、最大4つの気象レーダープロダクトを一画面に表示させることができ、時間や場所で4画面を同期させたり、4画面同時に操作することができます。

より良い認識を得るために、レーダー反射率やラジアル速度など、複数のデータポイントをレイヤー表示させることができます。ラジアル速度測定などにおいて、レーダーサイトの方向に対してデータがどのように変化するかをより正確に把握するため、地図データと地図データ以外のデータを並べて表示させることができます。

悪天候時の迅速な意思決定に寄与します

気象レーダーのデータは、天気予報だけでなく、正確な降雨量推定や降雨判定をする上でも重要な構成要素であると言えます。IRIS Focusには豊富なツールが用意されており、悪天候の動きや構造に関する理解を深めることができ、より早く、正確な監視や警告の発令を可能にします。

悪天候追跡ツールを使用することで、異なる地点における悪天候の位置を確認でき、その後の動きを予測するのに役立たせることができます。このツールにより、速度、時間、距離の方程式を計算することが可能になります。悪天候の3次元領域と時間経過に伴う発達を把握するため、クロスセクション・ツールでは、他のデータポイントに関して異なる高度のデータを確認できる上、前線境界や湾曲した降水帯などにおける現象の正確な解析を行うため、湾曲したクロスセクションの表示を求めることもできます。

IRIS Focusによって、レーダーの到達範囲を超えて悪天候の対流構造を把握し、観測範囲を広げることができます。例えば、ヴァイサラ GLD360 グローバル・ライトニング・データセットから得られる落雷データをレイヤー表示することができます。これらのツールを一つの使いやすいシステムに統合することにより、すべての気象データの価値を最大化してさらに正確な予報ができるようになります。

セキュアなデータアクセスを提供

IRIS Focusは、どこからでもデータや解析ツールにアクセスが可能であり、他部門や社外とも安全にデータを共有することができます。インターネット上で使用されるその他のアプリケーションと同様に、情報セキュリティは重要な懸念事項です。IRIS Focusは、最新の情報セキュリティ規格を採用する第三者の情報セキュリティ会社によってテストされ、監査されています。

使いやすいインターフェース

インタラクティブなチュートリアルによるトレーニング時間の短縮、状況依存ヘルプやツールのヒントはプログラム全体にわたって追加的なサポートを提供します。ユーザーインターフェースはヘルプ機能を含め、英語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語の4言語に対応しています。

IRIS Focusは、ヴァイサラのサンダーストームマネージャー™とAviMet®と共通のテクノロジープラットフォームを使用しているため、これらのアプリケーションとのシームレスな移行が可能です。

 

 

IRIS Focus(英語版)を無料でお試しください

Features
複数の画像表示オプション
豊富な解析ツール
高分解能なオンデマンドデータの再生
自動気象警報と警告
自動短期予測と予報
継続的に更新される地理情報システム(GIS)データセット
インタラクティブで段階的なチュートリアル
状況依存ヘルプやツールのヒントが組み込まれており、一貫したサポートを提供
対応言語:英語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語
最新の情報セキュリティ規格に準拠したテストと監査
+ さらに表示

特長

強化されたデータ表示・解析機能
マルチパネルディスプレイ機能やレイヤー表示機能を使い、各種のレーダープロダクトを一画面に表示することができます。必要なデータはオンデマンドで都度生成されるので、例えばデータのの表示をズームアップしても、常に最大の分解能でデータが表示されます。
悪天候時の迅速な意思決定に寄与
IRIS Foucsのツールは正確な降雨量推定や降雨判定により、悪天候時のユーザーの迅速な対策判断・意思決定の実施をバックアップします。先進的なグラフィック表示とデータ処理性能で、これまでとは違った視点からもデータを確認することができます。
自由度の高いデータアクセス性
IRIS FocusはWebベースで動作するように設計されており、ユーザーは一般的なWebブラウザでどこからでもデータにアクセスすることができます。これまでのようにデータをローカルコンピュータに毎回ダウンロードするなどの必要がなく、関連先とのデータ共有を容易に行うことができます。

導入事例