ヴァイサラ K-PATENTS® PR-43-G プロセス屈折率計

一般的な産業用途におけるプロセス制御のための液体濃度、または液体密度のインライン計測向け

ヴァイサラ K-PATENTS PR-43-G プロセス屈折率計は、幅広い産業用途で液体の濃度と密度を計測するのに理想的な万能計測機器です。PR-43-Gは、従来の密度装置ではプロセス流に存在する未溶解の固形物や気泡のために困難な要求の厳しいプロセス制御の用途において、高精度の計測技術の力を発揮します。

システム

この屈折率計システムは、コンパクトタイプまたはプローブタイプの屈折率計と、グラフィカルユーザーインターフェースで構成されています。屈折率計は、単独でも動作でき、物理的なユーザーインターフェースとでも動作できるスタンドアロンの装置です。計測範囲は0〜100%で、温度補償された濃度値に比例するイーサネット信号または4〜20mAの出力信号を提供します。これは、リアルタイムでのプロセス管理のためです。ユーザーインターフェースの各種オプションは、頑丈なマルチチャネルの産業用コンピューターから、コンパクトで軽量なウェブベースのバージョンにまで及び、ユーザーは最も好ましい方法を選択して、屈折率計による計測と診断のデータにアクセスし、使用することができます。

リモート監視、構成、および診断

屈折率計内蔵のWebサーバーと計測機器のホームページにより、イーサネット接続を介したリモートモニタリング、構成、診断が可能になります。すべてのPR-43-G 屈折率計が制御用のmA出力信号も備えています。特殊な接液部品材料と、危険区域の認証も利用可能です。

固形物、粒子、気泡、脈流、摩耗性物質や腐食性物質を高い割合で含む過酷なプロセス条件で、卓越した計測性能を発揮します。
 

特長

  • 屈折率計に対する同一の校正のため、光学的な再校正やパラメータの変更を行うことなく、各屈折率計を自由に交換することが可能
  • 全範囲、屈折率(nD)1.3200~1.5300(温水の重量比~100%に相当)。オプション範囲:屈折率(nD) 1.260~1.470、屈折率(nD) 1.410~1.620、屈折率(nD) 1.520~1.730
  • プロセス温度範囲:PR-43-GC コンパクトタイプ -40°C~130°C、PR-43-GP プローブタイプ -40°C~150°C
  • 完全デジタル化されたシステム:操作や精度に対し、粒子や気泡による影響なし
  • コアオプティクス構造:ドリフトや再校正、機械的調整は不要
  • AISI 316L ステンレス鋼、合金 20、ハステロイ C276/ASTM C276、ニッケル 200/201、チタン GR2/ATM B348 GR2など、特殊な接液部品材料が利用可能
  • 危険場所での設置に関する安全性(Ex e)認証の向上
  • 保護等級 IP67/タイプ 4X(屋外用)
  • PR-43-GP 屈折率計に、計測機器のホームページを備えたWebサーバーを内蔵。ホームページでは、イーサネット接続を介した屈折率計の構成、モニタリング、検証、診断が可能
  • 組み込みの Pt1000 および自動温度補正により、プロセス温度の高速計測を実現
  • 標準屈折液と組み込みの検証手順により、お客様の作業現場でシンプルで簡単な校正検証が可能

特長

過酷な環境下での使用に耐える設計

ヴァイサラ K-PATENTS PR-43-G プロセス屈折率計は、腐食や摩耗を起こしたり、極端な温度、圧力、振動、汚染、湿度、ほこり、またはこれらの組み合わせにさらされたりする可能性のある過酷な環境向けに設計されています。機器を屋外で使用する必要がある場合にも、種々の過酷な条件に耐える屈折率計とユーザーインターフェースに合わせて、各種 IPコード(IEC 60529)とNEMA等級をお選びいただけます。

簡単で費用効果の高い設置と操作

PR-43-G プロセス屈折率計は、フランジやSandvik社製 Lカップリング工程連結を使用して主となる処理ラインやバイパス管路、容器に直接取り付けできるほか、費用効果が高く取り付けが簡単なフローセルの幅広いオプションを介して設置できます。屈折率計のユーザーインターフェースは、ネットワーク内の複数のユーザーインターフェースを接続することによって、現場(ローカル)でも制御室(リモート)でも、またはその両方に設置できます。
プロセス屈折率計には、定期的なメンテナンスや再校正が必要なランプや可動部品がありません。これにより、お客様にとっての総所有コストが低くなります。

高い精度と信頼性

ヴァイサラは、生産研究所の精度に匹敵する計測精度を備えたインライン計測機器を業界に提供しています。ヴァイサラ K-PATENTS プロセス屈折率計は、独自のデジタルセンシング技術を搭載し、最も要求の厳しいプロセス条件でも高い信頼性を誇り、安定した計測と校正が可能です。