HMT368 本質安全防爆構造 湿度温度変換器

HMT368の後継機となるHMT370が2021年内に発売予定です。
HMT360シリーズは現行TIIS検定の期間終了に伴い、2021年8月15日の受注入力をもって国内の販売終了とさせていただきます。
危険区域や爆発の危険性のある環境向けに設計された新製品HMT370本質安全防爆構造 湿度温度変換器についての製品情報はお問い合わせください。

HMT368 湿度温度変換器は、集中潤滑システム、油圧装置、電力用変圧器などのオイル内水分の計測に適しており、ゾーン0危険場所向けに設計されています。HMT368 プローブは、加圧パイプライン内での設置に柔軟に対応します。さらに、JET A-1用のバージョンも用意されています。HMT368 は HMT360 シリーズのひとつです。   

  • 一般オイル向け HMT368F
  • JET A-1 航空タービン燃料向け HMT368H

機能:

  • VTT(ATEX、ヨーロッパ)、FM(米国)、CSA(カナダ)、TIIS(日本)、PCEC(中国)、VTT(IECEx)、および TR CU(EAC:ロシア、カザフスタンおよびベラルーシ)の分類に適合
  • メンテナンスと校正を容易にする交換可能なプローブ
  • 計測項目:湿度、温度。出力項目:湿度、温度、露点、混合比、絶対湿度、湿球温度
  • 変換器全体を危険区域に設置可能。分類 1 および 2(米国(FM)・カナダ(CSA))、カテゴリー 1G、ゾーン 0  
  • 高精度、優れた長期安定性、微小なヒステリシスのヴァイサラ HUMICAP® センサ
  • NIST トレーサブル(英文校正証明書付)
+ さらに表示

特長

本質安全防爆構造
本製品は、ゾーン 0 までの爆発危険区域内に設置可能です。
低いメンテナンスコスト
モジュール構造の交換可能なプローブは、現場で簡単に校正済みのプローブに交換ができます。
故障が起こりにくい
頑丈な設計で故障が起こりにくいため、長い製品寿命を実現します。