ヴァイサラ K-PATENTS® PR-23-GP/GC プロセス屈折率計

PR-23-GP プロセス屈折率計

本屈折率計は、精糖中に濃度を計測するのに幅広く使用できる計測機器です。PR-23-GPセンサは、フランジまたはクランプ接続を介して取り付けることができます。

計測範囲は重量比 0~100%、精度は通常±0.1 重量 %であり、計測値は自動的に温度補正されます。また、低濃度および高濃度のアラームを設定できます。

PR-23-GPでは、デジタルセンシング技術により、溶解していない粒子や結晶の影響を受けることなく、溶解した砂糖を計測できます。そのため、結晶化プロセスでシロップ/母液の濃度をモニタリングするための信頼性の高い計測機器となります。

PR-23-GC 一般的なコンパクト型プロセス屈折率計

PR-23-GCは、一般的な産業の小規模なパイプラインおよびバイパス管路用途向けの産業用小型計測機器です。PR-23-GCセンサは、Sandvik社製カップリング接続を使用してパイプのエルボに直接、またはウエハーフローセルやパイプフローセルを介して直管に簡単に取り付けられます。

フランジレスウエハーフローセルは、従来のフランジ付きパイプフローセルに代わる小型の製品です。ウエハーとは、DIN、ANSI、またはJISの配管フランジの間にボルトやナットで取り付けられるフローセル本体を指します。ウエハーフローセルは、溶接を用いない一体型構造です。過酷な環境や反応しやすいプロセス溶液に対応するために、腐食耐性に対するより優れた材料グレードが必要な場合は、高合金や特殊な接液部品材料もご用意しています。

計測範囲は重量比 0~100%、精度は通常 ±0.1 重量 %であり、計測値は自動的に温度補正されます。また、低濃度および高濃度のアラームを設定できます。デジタルセンシング技術により、大量の浮遊物質、気泡、色の変化があっても、計測や精度に影響を与えることはありません。

各センサには、標準液体の一式を実際のセンサ出力と比較できる校正証明書が付属しています。校正と精度は、認証済み屈折率の液体とヴァイサラの手順書を使用して、現場で検証できます。

特長
各センサのユニバーサル校正:すべてのセンサは自由に交換可能。
全計測範囲で屈折率(nD)1.3200~1.5300(この範囲は、Brix値 0〜100に対応)。
完全デジタル化されたシステム:操作や精度に対し、粒子、結晶、気泡による影響なし。
COREオプティクス構造:ドリフトや再校正、機械的調整は不要。
イーサネット接続とリモートパネルでデータロギングとリモート操作が可能。
プロセス温度範囲:-20~+150°C。
組み込みの Pt1000 および自動温度補正により、プロセス温度の高速計測を実現
デュアル接続:1つの変換器で2つのセンサを動作。2つ目のセンサは後からでも簡単に取り付け可能。
ユーザー独自の品質保証システム内で、標準屈折液を使用して簡単に計測機器を検証可能。
+ さらに表示

特長

過酷な環境下での使用に耐える設計
ヴァイサラ K-PATENTS PR-23-GP プロセス屈折率計およびPR-23-GC 一般的なコンパクト型プロセス屈折率計では、頑丈なスチール製センサープローブに高度なCCDカメラ技術が組み合わされています。プローブは、要求の厳しいプロセス条件(高温、高圧および振動)用に設計されています。

過酷な環境や反応しやすいプロセス溶液に対応するために、特殊な接液部品材料もご用意しています。
簡単で費用効果の高い設置と操作
PR-23-G プロセス屈折率計は、Sandvik社製カップリングプロセス接続部を使用して主となる処理ライン、バイパス管路、容器に直接、またはウエハーフローセルやパイプフローセルを介して直管に取り付けられます。

このモデルには、コンピューターネットワークおよびインターネットへの接続を可能にするイーサネットベースの通信ソリューションが含まれています。このインターフェースを介して計測データと診断情報をリアルタイムで取得できるため、パラメータ変更やソフトウェアアップデート用の有益なツールにもなります。

屈折率計には、定期的なメンテナンスや再校正が必要なランプや可動部品がありません。「メンテナンス不要」であるため、総所有コストを低く抑えることができます。
高い精度と信頼性
ヴァイサラ K-PATENTS PR-23-GP プロセス屈折率計およびPR-23-GC 一般的なコンパクト型プロセス屈折率計の計測は、ソリッドステート光学系およびCCDカメラを利用して屈折率のデジタル計測を実現する独自の技術に基づいています。 計測精度は ±0.0002 RI(重量比 ±0.1%に相当)となっています。

デジタルセンシング技術により、大量の浮遊物質、気泡、色の変化があっても、計測や精度に影響を与えることはありません。

導入事例