DRS511 道路/滑走路表面センサ

Vaisala Road / Runway Surface and Depth Sensor DRS511

DRS511 道路/滑走路表面センサ

気象は路面に常に影響を与え続けます。道路の現在の状態に関する情報を多く提供することができるセンサを保有することは非常に重要です。ヴァイサラの道路表面センサは、道路気象条件に関する重要な情報を提供します。さらにDRS511は、路面上の水膜厚も正確に計測することができるため、ハイドロプレーニング現象が起こるかどうかの判断を支援することができます。

特長

計測路面上にある薬剤の量を算出
さらに水分が増えた場合に、薬剤がどのように機能するかを判断する上で非常に効果的な方法です。DRS511は、存在する薬剤の量を示すだけでなく、多くの冬季メンテナンスの意思決定者により判断基準として使用される、現在の薬剤の凝固点も計算します。
道路/滑走路の路面状態を識別
DRS511は、表面温度を示すだけでなく、表面の水分の存在を検知して、乾燥、濡れ、凍結、積雪など、道路の状態を示します。
実証された真の技術
DRS511で使用されているパッシブ技術は、さまざまな研究機関や監督官庁により長年試験されているため、運用の意思決定においてセンサがどのように役に立つのかを正確に知ることができます。

詳細

仕様

資料

Datasheet

Magazine Article

Vaisala News Article

データシート

関連情報

Road weather
Blog | Aug 31, 2017

Future of Road Weather

Melanie Scott, Marketing Manager at Vaisala and contributor to Vaisala News, recently spoke with Ms. Adams to get her thoughts about the future...
Read more
Cars in snow
Blog | Feb 1, 2017

Going Local

Every highway, motorway, street, county and local road, and carriage way is impacted by the weather. Which begs the question, why isn’t the...
Read more
Runway Comparison of Passive vs. Active Pavement Sensors
Blog | Jan 1, 2016

Monitoring in a Harsh World

Imagine for a minute living in a place with temperatures of -10°C (14°F) to 55°C (131°F) in the same month, and the temperature in the morning...
Read more