風力発電プロジェクトフォーレンジック分析

発揮性能が低いことをなるべく早期に認識し、解決しておけば発電量を最大化し、運用を最適化してプロアクティブに資金的および発電応力に関する義務を調整し直すことが可能となります。保証された性能が発揮されない場合、もしくはプロジェクトが立ちゆかなく危機に瀕したとき、ヴァイサラは当該プロジェクトが期待していた成果をあげれらない主な原因を得手するための全面的捜査を実施いたします。

ヴァイサラ独自の全面的捜査は当社の先進的モデル構築テクニックを利用して所期の性能をあげられない根源的な原因を系統的に切り分けることができます。当社のアプローチはきめ細かなマッピングと後流乱流モデルを構築することを含め長期のばらつき分析を提供します これらの研究はすべてオンサイトの資源およびエネルギー生産データにあわせて校正されており、不確実性を最少化するとともに発電の精確な見積りを提供します。測定期間中の期待される発電量と現実の値を比較することにより、当社は所期の性能をあげられないその他の要因と日射光のばらつきがもたらす問題を切り分けることができます。

+ さらに表示

特長

エネルギー生産を最大化する
不完全にしか能力を発揮できない理由を特定することにより、プロジェクトのエネルギー生産を最大化するためにとるべき是正措置を講じることができるようになります。
運用を最適化
プラントが所期の成果をあげられない原因を見つけられれば、原因をもたらす影響を減らすための運用戦略を策定することが可能になります。
資源ばらつきの問題を迅速に切り分ける
プラント性能に影響を与える他の要因と風力資源特有の問題を切り分けることができれば、時間の節約になるとともに問題に自信をもってかつ決然と対処することができるようになります。