風力発電効率の照合

風力発電効率の照合は、最近のものと未来の風力発電効率を考慮すると、既存のあるいは貴社の調査している開発候補地の一覧表中のプロジェクトのリスクと値のばらつきの意味を理解できます。ヴァイサラの3段階サービスは貴社の資産を最適に分散し、また当社の四半期予報はエネルギーおよび発電量取引のために貴社の長期的なヘッジ手段を構築するのを助けます。

提供方法

このサービスはPDFレポート、GISフォーマットマップ、そしてセキュアなFTP経由で送信されるデータファイルのかたちでご提供が可能です。

方法論

照合サービスに利用されている気象データはヴァイサラの継続的にアップデートされている3段階サービスNWP導出データセットから得られているものです。最近の期間の異常事象と確率マップは1969年から2008年までの期間の長期平均条件と照らし合わせて比較されます。

経時的に蓄積された発電データまたは気象観測塔での観測データはモデル出力統計(model output statistics)またはMOSとして知られるプロセスでシミュレーションに利用されたモデルを補正するために使用されます。この方法は大幅に予報の誤りを減らし、偏りを除去することによって分析の正確さを改善します。ヴァイサラ独自のMOSテクニックは社内と第三者による独自の検証研究の両方で精度が実証されています。

Features
長期の展望。すべての分析は30年以上にわたる気候学研究に基づいており、正常な状態と長期のばらつきのパターンを確認するにあたって、より長期の基準となる指標を提供してくれます。
周辺状況についてのデータを追加する。ヴァイサラに勤務しているサイエンティストは付属のレポートをすべて作成しており、また 貴社の調査している開発候補地の一覧表の中にある立地に影響のある最近および予測されている条件について研究することに専心しています。
セキュリティ。安全なパスワード保護されたウェブホストサーバー、次に安全なファイルトランスファープロトコルがクライアントから提供されるデータすべてを送信する際に用いられており、またモデル化されたデータをクライアントの皆様に返信する際にもすべて用いられています。
+ さらに表示

特長

正常なばらつきと気候異常をすばやく区別
気候学が正常なばらつきと気候異常の再発とを完璧に理解して分けられるようになるまで、10年ないし15年あるいはそれ以上を要します。これがヴァイサラの3段階サービスに、30年以上にわたって立地に特有の統計学的に補正されたデータの提供を含めている理由で、風力発電に影響を及ぼす正常な循環的ばらつきと標準的ではない気候異常を区別するために長期の状況変化に関する情報を提供します。
貴社の調査している開発候補地に応じてカスタマイズされたレポート
当社のレポートでは、四半期毎に過去3か月間の期間に貴社のプロジェクトに影響を与えてきた気候と気象のパターンについて議論しており、また立地に特有のデータでは直近の四半期が長期の平均と比較してどのようだったかを示しています。GISフォーマットの異常事象マップは、風速が過去30年間以上にわたる平均値を上回ったか、あるいは下回ったかを、異常率と超過確率という両方の条件で示すためのものです。ヴァイサラはまた貴社のプロジェクトの立地場所すべてについて基本情報となる時系列データを提供しています。
四半期予報を入手して異常事象に備える計画を事前に立てましょう
前四半期の詳しい分析に加えて、ヴァイサラの3段階サービスは現在の状態と気候のトレンドを前提に次の四半期についての3ヶ月予報を提供します。この予報は異常事象に前もって備える計画を立案するとともに統合された資源分析を行うのを可能にします。ご請求があれば12ヶ月間の展望もまたご提供可能です。

ダウンロード