風力発電効率の照合

Wind Performance Reconciliation (Picture of wind turbines)

風力発電効率の照合

風力発電効率の照合は、最近のものと未来の風力発電効率を考慮すると、既存のあるいは貴社の調査している開発候補地の一覧表中のプロジェクトのリスクと値のばらつきの意味を理解できます。ヴァイサラの3段階サービスは貴社の資産を最適に分散し、また当社の四半期予報はエネルギーおよび発電量取引のために貴社の長期的なヘッジ手段を構築するのを助けます。

特長

正常なばらつきと気候異常をすばやく区別
気候学が正常なばらつきと気候異常の再発とを完璧に理解して分けられるようになるまで、10年ないし15年あるいはそれ以上を要します。これがヴァイサラの3段階サービスに、30年以上にわたって立地に特有の統計学的に補正されたデータの提供を含めている理由で、風力発電に影響を及ぼす正常な循環的ばらつきと標準的ではない気候異常を区別するために長期の状況変化に関する情報を提供します。
貴社の調査している開発候補地に応じてカスタマイズされたレポート
当社のレポートでは、四半期毎に過去3か月間の期間に貴社のプロジェクトに影響を与えてきた気候と気象のパターンについて議論しており、また立地に特有のデータでは直近の四半期が長期の平均と比較してどのようだったかを示しています。GISフォーマットの異常事象マップは、風速が過去30年間以上にわたる平均値を上回ったか、あるいは下回ったかを、異常率と超過確率という両方の条件で示すためのものです。ヴァイサラはまた貴社のプロジェクトの立地場所すべてについて基本情報となる時系列データを提供しています。
四半期予報を入手して異常事象に備える計画を事前に立てましょう
前四半期の詳しい分析に加えて、ヴァイサラの3段階サービスは現在の状態と気候のトレンドを前提に次の四半期についての3ヶ月予報を提供します。この予報は異常事象に前もって備える計画を立案するとともに統合された資源分析を行うのを可能にします。ご請求があれば12ヶ月間の展望もまたご提供可能です。