風況デューディリジェンスサービス

ヴァイサラのデューディリジェンスサービスは精確なエネルギーアセスメントを提供し、風力発電セクターにおけるプロジェクト投資から利益をあがるのをサポートします。

ヴァイサラの風況デューディリジェンスサービスは、発電所の立地候補地における発電能力に影響を与えるすべての要因を考慮しつつ、そのプロジェクトの実施期間中全般にわたりついてまわる資源リスクを完全に理解できるようにします。先進的NWPモデル構築と機械学習テクニックを組み合わせて使用して、当社は長期の風力資源、立地現場の地形、オンサイトのデータ、そして風力タービンの配置を検討します。最終的なレポートには純発電量予測が記されますが、この予測は貴社と貴社に融資する金融機関の両者が信頼することができるものです。

この分析は現地訪問と当該プロジェクトの立地場所の総合的な調査を含め、工事着工前のデューディリジェンスをより完璧に行うため、プロジェクトの立地場所を詳細に調査します。ヴァイサラはクライアントの必要要件にあわせて各レポートをカスタマイズしていますが、典型的には当社の先進的NWPモデル構築プラットフォームを使用して該当するプロジェクト内の各風力タービンについて1時間毎の値を40年間のデータセットとして作成しています。クライアントの観測データはヴァイサラの品質管理を受けて、それからモデルデータを統計学的に補正するため用いられ、その結果、偏りと過誤が減少します。

後流損失は当該プロジェクトの効率性に影響をおよぼすその他の立地特定的な損失要因とともに、当社の時間的に変化する後流モデルを使用して計算され、分析に統合されます。最終的なレポートには風力資源アセスメントの完全な不確実性分析が含まれるほか、超過確率の純値が提供されます。

提供方法 ポータブルドキュメントファイル(PDF)形式でのレポートに容易に統合できるコンマ区切り値(CSV)でのデータファイルを付けて提供されます。

方法論

方法論当社の風況デューディリジェンスレポートはヴァイサラのNWPモデリングプラットフォームを使用するヴァイサラの3段階サービスにより作成されていますが、それはオンサイトの観測値と中規模および小規模気象シミュレーションモデルを結合したものです。当社では主にWRF(Weather Research and Forecasting)と呼ばれるNWPモデルを採用しています。このモデルは全世界の大気研究者と調査者一般から幅広い支持を受けており継続的に拡充されています。当社の社内で開発したミクロスケールのモデルTVMを使えば、小規模の地形、粗度、そして遮断作用の効果を高い分解能をもって計算することができますが、WRFを使うときのような高額の計算費用はかかりません。このモデルで構築されたシステムの出力は各気象観測塔と風力タービンの据え付け位置についてモデル化された経時的に蓄積された気象データの四次元セットになります。

モデルの出力は、モデル出力統計(MOS: Model Output Statistics)補正として知られる手続きで、立地場所の気象観測塔から得られる品質管理された観測値を使って統計学的に校正されます。このテクニックは、プロジェクトの現地を訪問した際に集められた情報を組み込んだ気象観測塔での観測値の詳細な品質管理を実施後に適用されます。MOSはその後、多重線形回帰方程式を使って偏りを除去し、生のモデル出力の分散を調整します。各気象観測塔用のMOS方程式は記録の観測期間に試され、それからNWP導出データセットの期間全体にわたって適用されます。

MOS補正長期風速データと製造者特定的な電力カーブは、各風力タービンの設置場所における発電の長期時系列データを算出するために使用されます。立地場所に特有の損失要因はそれから純発電量を導出するために適用されます。最後に、超過確率の値が立地場所に特有な不確実性分析の結果に基づいて算出されます。

顧客要求事項

この分析を実行するためには、クライアントの皆様に提供可能な気象観測塔観測値すべてと該当するプロジェクト地域の境界のついてのデータを提出いただく必要があります。風力タービンの配置位置が定まると、その後配置位置の仕様も必要となります。​

 

 

Features
立地場所特有の総対純不確実性分析
風力資源の徹底的な研究
現地訪問と各気象観測塔から収集された時系列データの品質管理と分析
風力タービン対風力タービンの長期の純発電量値
純超過確率表
すべての特色は貴社のプロジェクトと金融機関の必要事項にあわせてカスタマイズされます
オプションの機能には、 風力タービンのレイアウトの最適化、複数の風力タービンモデルの評価、そして生産データに対する予想正味値の検証が含まれます。
+ さらに表示

特長

確実に利益をもたらすデューディリジェンスレポートを利用して貴社のプロジェクトの資金調達をする
ヴァイサラのデューディリジェンスレポートは全世界で30GW以上相当のプロジェクトで資金調達のために使用されてきました。当社の方法論は気象学の革新的な進展と継続的な検証との間のバランスをうまくとることによって精確性と一貫性という両方の要請を満たす成果をあげています。
当社の気象関連の専門知識とスーパーコンピュータを有するインフラストラクチャを活用してください。
ヴァイサラのエキスパートは風力資源アセスメントのための数値的気象予報テクニックのパイオニアで、継続的に当社の方法論を進化させています。当社のスタッフの15%以上の職員は大気気象研究の分野の博士号(Ph.D.)の保有者で毎日日常的にクライアントの皆様と直に接して作業を行っています。当社の経験豊富なチームは1000件以上の風力エネルギーアセスメントを提供しており、また再生可能エネルギー分析と運用のために企業が保有している最も大型のスーパーコンピュータを運営しています。
さらなる測定とアセスメント作業を行うにあたっての投資は戦略的に
当社の独自のリスク低減の取り組みは、さらなる測定作業とリソースアセスメント作業の効率性を評価し、プロジェクトリスクを常に検討しながら開発費用を最少化するために利用可能です。