日射エネルギー効率の照合

日射発電率の照合これにより既存の稼働中の発電所が最適な水準で稼働しているかを確認することができ、また貴社の調査している開発候補地の一覧表に載っている候補地を多様化し、貴社の開発予定地の在庫を管理できます。

ヴァイサラはアップデートされた太陽放射照度と気象時系列データを貴社のプロジェクト1件についてだけ、あるいは貴社が調査している開発候補地の一覧表に含まれている場所すべてについて提供することができます。時系列データは容易に貴社独自の社内プロセッサに統合でき、また20年近くにわたり1時間刻みで日射量を記録した当社の定期的にアップデートされる全天日射データセットを利用することもできます。

方法論

ヴァイサラの3段階サービスでは最初に全天日射マップと時間情報を提供し、次に以前の米国の日射量データセットより概算で3倍ほどきめの細かいシリーズデータセットを、そしてNASAが提供しており継続的にアップデートされている全天データセットより30倍もきめの細かなデータセットを提供することにしています。20年近くにおよぶ衛星画像と最先端のテクノロジーを基に、当社の統一的な方法論は多数の科学者および調査関係者一般から広い支持を受けています。

このデータセットは実際の、15分毎、30分毎あるいは1時間毎の高解像度の衛星観測画像を2 arc分の分解能で広帯域幅の画像用周波数帯を使い表示されます。当データは1時間毎に全天日射量(GHI: Global Horizontal Irradiance)、直達日射量(DNI: Direct normal Irradiance)、そしてDIF値として処理されます。ヴァイサラは科学誌に掲載されているアルゴリズムと、社内研究を組み合わせ衛星画像を加工しています。これらのアルゴリズムには観測データに基づいたパラメータと係数が含まれています。気象変数は全世界的に利用可能なECMWF予測グリッドから集められます。

地域 衛星 時間的データ整備範囲
西半球 GOES 8 - 14 1997年1月 - 先月
南アジア&中東 Meteosat 5, Meteosat 7 1999年1月 - 先月
東アジア&オセアニア GMS 5, GOES 9, MTSAT 1-2, Himari-8 1998年12月 - 先月
欧州&アフリカ Meteosat 7, Meteosat 9-10 1998年7月 - 先月

 

+ さらに表示

特長

運用を最適化
プロジェクトの実施後、重要となるのは当該施設が当初の予測どおりの効率で稼働しているかをモニターすることです。気象調整された発電量情報を得ておけば、環境状態、継続的な装置の問題または単なるメンテナンス不足によって引き起こされる性能の低さあるいは性能超過がいつ起きたかを理解することが可能になります。発揮性能が低いことをなるべく早期に認識し、解決しておけば発電量を最大化し、運用を最適化してプロアクティブに資金的および発電応力に関する義務を調整し直すことが可能となります。
貴社のプロジェクトパイプラインを管理
貴社が開発実施中の場所について20年近くのデータを保持していたらどうしますか? アセスメント段階で日射発電率の照合をしておけば早い段階でどの場所がもっとも有望かを知ることができ、その場所の貴社の調査しているプロジェクト開発候補地の一覧表の中で地位を一貫して引き上げポートフォリオ全体の中でも優先させることができるでしょう。いまや近リアルタイムに科学的に導出されたデータに基づいて投資、装置の選択そしてプロジェクトの優先順位という極めて重大な判断を正当化できる方法により行うことができるようになっています。
容易なデータの統合
日射資源の情報は容易に統合できるCSVファイルフォーマットかFTP、またはAPI経由でどの場所についても提供されます。

ダウンロード