日射エネルギー効率の照合

Regional Solar Energy Forecasting

日射エネルギー効率の照合

日射発電率の照合これにより既存の稼働中の発電所が最適な水準で稼働しているかを確認することができ、また貴社の調査している開発候補地の一覧表に載っている候補地を多様化し、貴社の開発予定地の在庫を管理できます。

特長

運用を最適化
プロジェクトの実施後、重要となるのは当該施設が当初の予測どおりの効率で稼働しているかをモニターすることです。気象調整された発電量情報を得ておけば、環境状態、継続的な装置の問題または単なるメンテナンス不足によって引き起こされる性能の低さあるいは性能超過がいつ起きたかを理解することが可能になります。発揮性能が低いことをなるべく早期に認識し、解決しておけば発電量を最大化し、運用を最適化してプロアクティブに資金的および発電応力に関する義務を調整し直すことが可能となります。
貴社のプロジェクトパイプラインを管理
貴社が開発実施中の場所について20年近くのデータを保持していたらどうしますか? アセスメント段階で日射発電率の照合をしておけば早い段階でどの場所がもっとも有望かを知ることができ、その場所の貴社の調査しているプロジェクト開発候補地の一覧表の中で地位を一貫して引き上げポートフォリオ全体の中でも優先させることができるでしょう。いまや近リアルタイムに科学的に導出されたデータに基づいて投資、装置の選択そしてプロジェクトの優先順位という極めて重大な判断を正当化できる方法により行うことができるようになっています。
容易なデータの統合
日射資源の情報は容易に統合できるCSVファイルフォーマットかFTP、またはAPI経由でどの場所についても提供されます。

関連情報