太陽エネルギーの予測

毎日より多くの太陽エネルギーがグリッドに集められていますが、この断続的な資源をどのようにうまく統合し、活用できるのでしょうか? ヴァイサラの日射量予報は貴社のプロジェクトと貴社が調査している開発候補地の一覧表全体を通して効果的にリスク管理を行う最新の方法を提供します。

地域別日射エネルギー予測するもご参照ください。

精度​

ヴァイサラの予報システムは最も先進的な数値的気象予報モデル構築テクニックに基づいています。統計学的にオンサイトのデータを校正された予報予知に統合することにより、プロジェクト候補地の特殊な地理的環境と気候が明らかにされます。長期の地上観測データが利用可能でない場合には、当社は20年近くにおよぶ1時間毎の当該場所に関するデータを当社の全天日射データセットから得て信頼性の高く精確な太陽光発電予報を提供しています。当社の方法論は例えば複雑な地形、海に面している効果そしてモンスーンといった地域的な特徴も考慮に入れています。

現実の世界での開発および試験

ヴァイサラの予報は南西地方でも最大手の電力会社の1社と太陽光発電業者との提携を通じて作成されてきました。その結果として得られたシステムは、実世界応用で電力会社規模の太陽光発電プロジェクトにおける現実世界での適用場面に基づき、仮実施、試験そして改善がおこなわれてきました。

使用しやすさ

業界を代表する精度に加えて、ヴァイサラの日射量予報はまた使用しやすさも提供しています。予報はカスタマイズ可能なダッシュボード上に、立地場所特定的な状態を解釈のしやすいグラフィックスで提供されます。ユーザーは前日放射照度および発電予報をデータファイルのかたちでダウンロードでき、また経時的に蓄積された予報情報にもアクセスできます。

提供方法

予測情報はクライアント特定的なダッシュボードインターフェース経由で利用に供され、また容易に統合できるCSVフォーマットのデータファイルが付属して提供されます。データファイルにはAPI経由でアクセスが可能です。

方法論

ヴァイサラは最も物理学的に堅牢なテクニックを使用して当社の日射量予報を行う方法を開発しており、対象のプロジェクトのユニークな環境に個別的に適合した精確な放射照度と発電予報を提供しています。ヴァイサラが採用している数値的気象予報モデルはオープンソースモデルで大気科学研究者と調査者一般により世界的規模で継続的にアップデートされ改善されています。

予報モデルの開発手続を始めるにあたっては、当社では地上測定により十分に校正されたクライアントから提供をうけた 経時的に蓄積された観測又は1時間毎の高解像度(3km)の衛星から送信される日照太陽データを統計学的に統合しています。この統計学的手続はモデル出力統計(またはMOS)と呼ばれ、これにより大幅に予報の誤りと偏りを減らすことができます。さらに、ヴァイサラは10年以上の目視できる実際の高解像度衛星画像観測に基づく当社の全天日射データセットを使用して日射量予報を検証しています。

顧客要求事項

日射予測を提供するために、ヴァイサラは時間帯、プロジェクトの立地場所、そしてパネル情報といった貴社のプロジェクトのためのメタデータをすべての提供を受けなければなりません。発電予測するにはクライアントから経時的に蓄積された放射照度、発電量生産データまたは電力換算式の提供をうける必要があります。経時的に蓄積されたデータは全天日射量(GHI: Global Horizontal Irradiance)予測には必要とされません。

 
Features
日射量予報ツール - MOS補正済前日全天日射量(GHI: Global Horizontal Irradiance)または発電予報はダウンロード可能な予報データファイル
再生ツールにより現在の予測と以前の予知との比較が可能
APIが、ダウンロード可能な予報データを各社の内部分析ツールおよびプログラミングソフトウェアとより迅速に統合できます
カスタマイズ可能なダッシュボードインターフェース
保証された1日24時間/週7日稼働性
頻度 - 予報は6時間毎にアップデートされ、1時間毎の予測と60時間先の見通しも提供されます。
セキュリティ - 情報にアクセスルためのユーザー名とパスワードを利用した各社独自のアクセス承認システムの設定が安易 さらに、ヴァイサラはセキュアなパスワード保護されたウェブホストサーバーがすべてのデータを転送するために用意しています。
+ さらに表示

特長

カスタマイズされた予測でより有益な判断を
当社の太陽予測システムは最新の気象データと科学を結合して精度と信頼性の高いサービスを提供します。強力な大気モデル、機械学習、そして20年にわたり当社のグローバルデータセットがもたらす高品質な経時的に蓄積された情報を活用し、当社はユニークな局所的環境についてもテーラーメイドされた予報を提供しています。
スケジューリングの改善とリスクの削減
太陽発電量を最大化し事前に発電量が減少する日を検知することにより、スケジューリングと統合をよりよく管理できるようになります。その間も一貫して需給不均衡を最少化して損失補償やその他の不利益をこうむるリスクを最少化します。
貴社の熱エネルギー発電と再生可能エネルギーによる発電の組み合わせを管理する
日常的に貴社の調査している開発候補地の一覧表を最適化していれば貴社の発電施設全般にわたってより効率的な管理が一貫してできるようになります。