地域別日射エネルギー予報

太陽光発電能力が増えるにつれて既存の電力網システムとエネルギー資源の価格に影響を与えています。当社の風況予報は、リスクを低減させ、日々の金融的および運営上の判断を自信をもって行えるような情報を、エネルギートレーダー、スケジューラー、そしてアセットマネージャーに与えることができるように企画されています。前日予報は先物取引を行うことを可能にし、リアルタイムの制限条件に反応するのではなくむしろ科学に裏付けられた方法で貴社の資源をプロアクティブに運用することができるようになりました。

また日射エネルギー予測するをご覧ください。

ヴァイサラの3段階サービス予報チームは最新の気象モデル構築技術と堅牢なスーパーコンピューティング能力を駆使して日射量のばらつきという問題を解決しています。当社の予報は、特に予想される日射量が重要となる曇天の日に関して、日常的に公的機関が公表している前日予報より正確です。包括的な検証によると、ヴァイサラの予報は成功裏に公的機関が公表する予報より60%以上も太陽光発電可能日を予知しています。

前日予報

  • 1日複数回更新
  • 0-6日予測
  • 1時間前予報の精度

追加的予報情報

  • P10とP90超過確率
  • 6ヶ月間経時的に蓄積された予報と実際の太陽光発電量
  • 柔軟性のある画像表示により並べてヴァイサラの予報と公的機関の予報を比較するとともに実際の結果とも比較

精度

  • CAISO SP-15圏では公的機関の予報を移管して凌駕
  • 平均絶対誤差 公的機関の発表6.5% vs. ヴァイサラ5%
  • ほとんどが晴れの日の検出:公的機関の発表77% vs. ヴァイサラ83%
  • ほとんどが曇りの日の検出:公的機関の発表14% vs. ヴァイサラ83%

利用可能圏

  • CAISO SP-15
  • CAISO ZP-26
  • CAISO NP-15

提供方法

予測ツールはクライアント特定的なダッシュボードインターフェース経由で利用可能、そしてダウンロード可能なデータファイルが複数のフォーマット(CSV、XLSそしてXML)で提供され貴社独自の分析ツールおよびプログラミングソフトウェアと容易に統合可能。さらに、当社はダウンロード可能な予報データをすばやく統合するためのAPIオプションを提供していますが、これはデータアグリゲーションサービスプロバイダ経由でも提供可能です。

方法論

最新の、実証された、透明性のある方法を用いるというヴァイサラの指針にそって、当社の地域別日射量予報システムは公開されているグローバルおよび地域別天気予報、きめ細かな地上データ、高度にカスタマイズされた中規模数値的気象予報(NWP)モデルを組み合わせて行われているものです。その結果は集計されて日射量予報となり、1時間のメガワット単位の発電量という実績値に換算されます。集計発電量データが公開されている場合には、ヴァイサラはその観測値を組み込んで統計学的に正確な発電量予想を発表しています。

また、

太陽エネルギーの予測

+ さらに表示

特長

精確な地域別前日予報
有効性の実証された科学と強力なモデル構築アプローチにより当社は日常的に公的機関が提供している日射量情報より精確な予報を提供しています。
簡便さとセキュリティ
保証された1日24時間/週7日稼働性とカスタマイズ可能なダッシュボードインターフェース アクセスする情報用のユーサー名とパスワードを使用した貴社独自のアクセス承認システムを容易に立ち上げることができます。セキュアなパスワード保護されたウェブホストサーバーがすべてのデータを転送するために用意されています。
拡張性
当社のモデルとデータハードウェアは、新しい風力発電プロジェクトがオンライン化され、高い予報精度を可能にするような新しいデータが利用可能になるにつれて、それらに適合しきます。