海盆流量予報

きめ細かで洪水リスクと効率的に貴社の水資源関連施設を管理するとともに、定期的に予測をアップデートし、今後7日間の予報を提供

入力情報

  • 場所特定的な気象観測

  • 場所特定的な流量観測

  • サードパーティのオフサイトの観測値(温度、降水、流量、積雪深)

予報構成要素

  • ホスト型のクライアント特定的予報ウェブサイト
  • 局所的および地域別 の気象と流量観測と予報
  • カスタマイズされたデータファイル(XLS、CSV、XML、etc.)
  • 観測積雪状態
  • 月間予報検証レポート(PDF document)
  • 4日毎の予報アップデートを洪水時期には1時間毎のアップデートに切り替え*
  • 1時間毎の流量の予報を最大168時間前まで

方法とテクノロジー

  • カスタマイズされた数値的気象予報(NWP)モデル
  • きめ細かなカスタマイズされた水理学モデル
  • 不確実性の見積りによる断定的予報

製品の特徴

  • 提供方法:すばやく信頼性の高いそしてユーザーフレンドリーな予報はセキュアなクライアントに特化したウェブサイトで提供され、その内容には現在気象、雪塊、流量状態そして気象および流量予報情報をグラフィックス、表、そしてデータファイルで表示されます。
  • 継続的検証:ヴァイサラは過去31日間の当社の予報と現実の気象および水理学的状態を比較して見せる検証レポートは毎月末に提供しています。
  • 優れたカスタマサービス:ヴァイサラの水理学研究者とカスタマサポートのスタッフは実用目的の水理予測に多年の経験を有しており、お客様個々にもっとも適した経験をしていただけるサービスを提供することに専念しています。

当社の方法論についての再論

ヴァイサラは短期予報を行うために物理学に基づいた広く配布されているモデリングテクニックを使用しています。

予測のために気象学的な天候情報の入力は中規模の大気NWP(数値的気象予報)モデルを使用して行われていますが、これはアメリカ合衆国商務省海洋大気庁(NOAA)を構成する米国環境予測センター(National Centers for Environmental. Prediction: NCEP)の全球予報モデル (Global Forecast System: GFS)からもたらされる全地区雨滴気象予報をダウンロードして作成されています。予報は欧州中期予報センター(European Center for Medium Range Weather Forecasting (ECMWF))に基づいても行われており、提供可能です。

ヴァイサラの水理学モデルは地表の水資源(雪塊と土壌湿気を含む)のバランスをシミュレートし気象予報の入力を流量予報の出力として変換しています。この水理学モデルは1時間ごとに、または半日毎の流量値によって校正され、また典型的には公表される情報源からの気象情報を使用していますが、予測時点が臨界的な状態の見積りを行うときにはクライアントから提供されるデータもオプションとして利用しています。

顧客要求事項

クライアントからの情報提供は望ましいが必須ではない 貴社の立地場所における局所的気象データと流量データが予報の品質を大幅に高めることは事実ですが、顧客から提供される観測データが利用可能でない場合には、ヴァイサラは予報の必要性を満たすために公表されている利用可能なデータを探す試みをしています。

* 水理学予報は複数の立地点と貴社の近くの分水嶺の降水、温度、風、そして日射量予報にともなって行われます。

+ さらに表示

特長

洪水予防
当社のカスタマイズされた気象および流量予知モデルは、高速で信頼性の高いウェブベースの予報提供システムとあいまって、放水ではなく発電を行うことにより、貯水量を引き下げる時間的な余裕を提供することができ、これにより洪水災害が起こらないよう管理できる十分に先進的な警報システムです。
毎日の水資源を管理し、最悪の事態を予測し、そしてメンテナンス計画を立案します
水資源とエネルギー計画を最適化するために必要な情報を提供することにより、海盆流量予報はユーザーがコストが生じ、危険な放水を行って乾期にはかえって水不足をきたすことがないよう防止します。川の流水を利用する水力発電事業にとっては、この予測はまた発電量を激減させる水の流量の変化について事前警報を提供し、電気事業者が他のエネルギー源による送発電に切り替える時間的な余裕を与えます。
精確で、最新のカスタマイズされた予報により最善の判断をサポート
海盆流量予報は未来の7日間を推定し、毎日4回アップデートされ、洪水の発生時には1時間毎にアップデートの回数が増えます。この予報はヴァイサラの3段階サービスによって提供され、貴社の水需要の臨海点ときめ細かにカスタマイズして、実用性を実証された中規模大気モデル構築テクニックを使用して、地表の水資源バランスをシミュレーションして流量を決定する水理学モデルとして配布されています。