道路気象

道路気象技術は、雪や氷などの路面に関する正確なデータから、風、砂嵐、または洪水などにいたるまで、気象条件が存在する数だけ活用されています。ヴァイサラの道路気象ソリューションは、その情報を基に対策を講じたり、旅行者に警告するために必要な特定のパラメータに関して道路状況をモニタリングします。すべての意思決定は、手作業であろうと自動であろうと、正確で信頼できる計測データを基に行われます。そのため、道路気象データは確実に重要となります。

高速道路機関や地域の機関は、常に道路を安全かつ通行可能に保つ責任があります。気象状況は、場所にかかわらず道路ネットワークに影響を与え、道路の安全性と移動性の維持に難題を生み出します。気象の影響は一年を通して、雪、氷、大雨、霧、強風、砂嵐などのさまざまな状況から発生します。あいにく、道路ネットワークの広がりによって、気象の影響は必ずしも現在いる場所で発生するとは限りません。たいてい、今いる場所から何キロメートルも離れた場所で発生します。ヴァイサラは、お客様のネットワーク全体のモニタリングに必要なものをすべて提供することで、重要な意思決定を伴う計画と実行を可能にします。

冬季の道路状況の管理

近隣道路や遠隔地の高速道路の現状をモニタリングすることは、冬季道路メンテナンス作業を行う上で非常に重要です。交通省や運輸省、市や郡、町すべてにおいて、道路気象状況をモニタリングする必要があります。

Wet road at night

全天候型道路気象情報システム

情報をよく理解したうえで運用に関わる決定を下すことで、最も厳しい気象条件下であっても、交通ネットワークを安全に維持し、交通の流れを最適に保つことができます。

Autonomous cars

移動性と気象の未来

移動を可能にする車両、技術、サービスの種類にかかわらず、気象は将来も引き続き人々や物資の移動の仕組みに大きな影響を与えるでしょう。

Watch the video

Moving You Forward in Transportation

関連製品

関連ストーリー

Road studs closeup
Blog | Sep 10th 2018

Keeping an Eye on the Road

How Advancements in Computer Vision and Wireless Communication Are Changing the Way We Manage Transportation Infrastructure The speed at which...
Read more
Road weather
Blog | Aug 31st 2017

Future of Road Weather

Melanie Scott, Marketing Manager at Vaisala and contributor to Vaisala News, recently spoke with Ms. Adams to get her thoughts about the future...
Read more