海洋気象

ヴァイサラのセンサ技術と広範囲の通信ソリューションを活用した海洋気象ステーションによる気象観測は、お客様のニーズや現地の状態に柔軟に対応します。データ収集とネットワーク監視システムにより、連続したオペレーションと高品質データが可能となります。

Offshore/ Oil rig at sea

海上の気象観測

ヴァイサラは、数十年にわたって海上の気象観測にソリューションを提供しています。当社の製品とサービスは、環境監視システムとHelideck監視システムの一環として使用されています。当社の製品とシステムは、関連するUK CAAおよびノルウェーの基準(CAP 437およびNORSOK N-002)に対応し、関連するICAO要件やWMO勧告に準拠しています。

Ship in the harbor

オンショア観察

モニタリングの対象、場所、方法は、問題になっている港の特徴によって異なります。視程、風向、風速の信頼できる正確な計測は、港に接近するときだけでなく、安全に係留する時にも重要になります。嵐や強風が接近していると、クレーンの操作を妨げ、荷物の積み下ろしを妨げます。さらに、潮流、波の高さ、海水位、塩分濃度などの海洋学的観測はすべて、複雑な港湾環境を支援する近代的システムの一部となっています。最終的には、港湾でのオペレーションの安全性を向上させ、良好かつ継続的な貨物取扱をもたらします。

Tanker at Sea

船舶の計装と船上の気象システム

船舶に搭載された機械や機器のパフォーマンスを向上させることは、機械のダウンタイムを最小限に抑え、エネルギー効率を高めてコストの節約をもたらします。ヴァイサラの安定した計測器を使用して船舶のエンジン、潤滑、油圧、圧縮空気システムを計測することにより、機械のパフォーマンスを最大限にすることができます。オイル内水分の計測器は、潤滑・油圧システムの油の状態をリアルタイムの写真で提供します。露点計は、圧縮空気を乾燥させて、信頼できるシステムの運用を確保します。正確な湿度計測は流入エンジン空気の水分をより効率的に制御するために必要です。

Lightning at sea

海上の雷検出

雷は異常気象を示唆するものであり、お客様のビジネスの運用に安全上の問題をもたらし、ダウンタイム中の収益の損失というリスクも引き起こします。落雷検出システムは、ダウンタイムを最低限にとどめるうえで役立ちますが、それは誤認警報がない場合に限ります。ターミナルとプラットフォームのオペレーションは、もしオペレーションが停止した場合に、1分間に何千ドルまたはそれ以上の損失を出すリスクにさらされています。信用できるデータを供給する落雷検出システムを実装することは、お客様とその従業員に信頼できる情報を提供し、プログラムの成功をもたらします。雷が真の脅威でない場合に、オペレーションを停止するわけにはいきません。

関連製品

関連ストーリー

Blog | Feb 27, 2018

Wind of Change

Risto Haimelin and Juha Paldanius discuss the ‘new winds’ that are blowing through the marine meteorological measurements market The wind...
続きを読む