エアサイドの気象

航空会社は、冬期の飛行機の防氷から、雷雨発生時の安全な運航にいたるまでの、多数のエアサイドオペレーションの気象問題に直面しています。高い安全基準を維持しながら運航の効率を最大化することは、これらの厳しい気象全体にわたって航空会社にとって何よりも重要です。インテリジェントな意思決定支援アルゴリズムとインターフェースに結合したリアルタイムの正確で信頼できる気象情報は、航空会社が気象関連の問題発生時に定刻の運航と乗客の安全を維持する上で極めて重要です。

40
+

航空業界の実績

25
+

以上におよぶ航空デジタルソリューションの実績

1000
+

ヴァイサラの航空デジタルソリューション技術を活用

10
+

の雷を世界中で検知

航空会社向けの気象観測ベースのインテリジェンス

航空デジタルソリューションは、航空会社にそのオペレーションのワークフローを通じて気象観測ベースのインテリジェンスを提供するために作られています。これは柔軟なインターフェース、ユニークな短期予測、顧客の視点から設計された警報発令を通して達成されます。

ヴァイサラの航空デジタルソリューションの中核をなすものは、ヴァイサラの名を世界中に知らしめた、市場をリードする革新的な気象観測技術です。グローバルライトニングデータセット(GLD360) は、世界初のグローバルな、正確でリアルタイムな落雷対象地域のネットワークです。国家雷検知ネットワーク(NLDN)は、アメリカ大陸全体におよぶ雷の全活動をモニタリングする、最も科学的に正確で信頼できる雷情報システムです。現在天気計PWD22、HUMICAP® 湿度温度プローブHMP155、WINDCAP® 超音波風センサに、事実上、世界のあらゆるフライトが依存しています。

関連ストーリー

Deicing an aircraft - Vaisala Success Story
Success Story | Sep 01st 2017

Precision to Aircraft De-icing

Snow,Freezing rain – it doesn't take much of an imagination to picture how these and other wintry weather phenomena can make a pilot's job...
Read more