トリトン ウィンドプロファイラ - 風力エネルギー用のリモートセンシング

風力資源評価と風力エネルギーの運用のための、正確で信頼できる風力データ

2008

Triton SoDARが商品化

>
210
万時間

Tritonで収集された風力データの時間数

>
3700

45ヵ国以上で配備

99.93%

保有基全体の平均動作可能時間

New info about Triton in complex terrain

検証試験

Tritonは風力エネルギー業界では最も有効なリモートセンシングシステムです。さらに、今までにはなかった世界的な研究によってTritonと気象観測塔の比較や分析が行われ、以下のような結論にいたりました。

Tritonは、注意深く管理された実験の一例だけでなく、数万時間以上のデータ時間におよぶ商業分野での長年の使用での実証によって、観測塔と同レベルの精度を持つとされています。

ごく最近、2018年の調査で複雑な地形でのトリトン測定の正確さが実証され、流力誤差を軽減する方法が示されました。

Watch the video

dreambroker

Picture of wind turbine with focus on the hub

パワーカーブ試験のIECガイドライン

IECの風力タービン向け風力性能試験規格の新版には、SoDARやLiDARなどのリモートセンシングシステムの使用に関するガイダンスが含まれています。

今や、風力発電所のオペレーターにはパワーカーブ試験をより簡単に行う方法があり、風力発電所の開発業者にはリモートセンサの精度の決定方法に関する改善されたガイダンスが提供されています。果たしてそうでしょうか?

オンデマンドウェビナーを見て、この改訂された規格によるリモートセンシングのユーザーへの影響をご確認ください。

Triton Wind Profiler

ホワイトペーパー - プロジェクトエネルギー評価の不確実性を低減する

DNV-GLによる画期的な試験により、プロジェクトファイナンスにTritonを使用する代表的なメリットが数値化されています。このペーパーでは、いくつかのプロジェクトのシナリオにおいて、典型的なTriton計測キャンペーンを気象観測塔のみのアプローチと比較し、Tritonがより多くの投資利益率を提供するという結果を示しています。

関連製品