水素冷却発電機

水素冷却発電機の湿度と温度をモニタリングすることで、最高の歩留まりを実現します。

乾燥水素は熱伝導率が高く粘性が低いために、発電機の冷却に用いられます。水素中の水分量が増えると冷却効率が低下し、断熱能力が落ち、発電機の部品が腐食し、最悪の場合には発電機の完全な機能停止につながることがあります。

ヴァイサラの、本質安全湿度温度変換器HMT360シリーズは、乾燥機の性能モニタリングに最適です。このセンサは加圧されたパイプラインに直接取り付けることができ、乾燥水素が発電機に供給されているかどうかを示す測定値を提供します。

関連事例