数値気象予測

数値気象予測(NWP)は、気象予測や意思決定支援システムなど、気象情報に依存する幅広い用途において重要なリソースとなっています。

NWPモデルはいわば、大気とその経時変化を記述する数学と物理的の方程式およびアルゴリズムを含む、気象予測のため一連の高度なコンピュータープログラムです。

NWP予測の初期条件は、気象観測データをモデルに組み込んで構築する解析から得られます。解析(予測)のクォリティは、用いる手法だけではなく、観測のクォリティにも左右されます。陸地、海洋、高層大気の観測すべてが重要です。

15~100kmの分解能で15日以上先までを予測する地球規模のモデルから、非常に高分解の短期的な予測を頻繁に出力する地域的または中規模のモデルまで、用途とニーズに合わせてさまざまなNWPモデルが一般的に利用されています。

関連事例