水力発電の最適化

水力発電は、立地を生かした再生可能なクリーンエネルギー源です。その多くが未開発である水力発電の可能性を活かして、多くの政府が自国で必要なエネルギー能力を賄いたいと考えています。水力発電の最適化、貯水池の管理、洪水の制御は、水力発電所の効率的な運営における重要な要素です。こうしたすべての課題への対応において、正確で信頼できる降水量、水位、流入量のモニタリングと予測を必要とされます。

水力発電所における整備された安全性の高い運営には、リアルタイムの観測が不可欠です。また、水力発電用インフラの計画と改修には、高品質な水文記録が必要となります。

ヴァイサラの水文気象ステーションは、水力発電エネルギーが利用できる場所であれば遠隔地でもデータの一元収集を行い、降水量と水位のデータをリアルタイムに提供します。この情報を気象レーダーのデータと組み合わせることにより、水力発電による発電量を最適化し制御するための短期予測が可能になります。

関連製品