校正試験所のモニタリング

ヴァイサラのソリューションで、認定校正の試験室や計測用途における不正確な計測や監査の失敗のリスクを軽減できます。

ヴァイサラviewLinc連続監視システムは、以下を提供します。

  • チャートレコーダーや温湿度記録計の運用コストを大幅に節減
  • 既存のネットワークへの簡単な接続と、最大数千までのモニタリング場所の拡張性によって、所有コストを低減
  • 欠損のない保護されたデータ記録によって、停電時やネットワーク切断時でも、試験室の状況を常に把握可能
  • SMS、電子メール、ポケットベル、その他のアラートによる24時間365日の警告発信
  • 時間設定が可能な、オンデマンドで自動作成されEメールで配信される、ユーザー設定によるレポート
  • 円滑な稼働および高い生産性のための、迅速で簡単な据付時適格性評価(IQ)/運転時適格性評価(OQ)バリデーションおよび現場設置サービス
  • ヴァイサラは、スポットチェックや変換器の現場校正向けにさまざまなハンディタイプの温度湿度計も提供しています。

「2273件もの温度や湿度チャネルが複数の政府や規制当局の規格に準拠していることを示す必要がある場合、素早い報告書作成が必須となります。」
- McKesson施設マネージャー、Joe Cwiertniewicz

特長

  • ​欠損のない記録 - データ 収集は、それぞれのデータロガーで、ホストPCで、自動バックアップで、3つの方法で別々に実施されます。
  • 拡張可能、発展性 - 温度、相対湿度、C02、差圧、光、ドアスイッチ、その他の変数をモニタリングします。新たにモニタリングされるポイントの追加が簡単 — プログラミング、アウトソーシング、余分なサービスの購入は一切不要です。
  • 柔軟な接続性 - 大規模なシステムや無線または従来の温度モニタリングを必要とするスタンドアロンのアプリケーションに最適です。既存の基盤に統合できるので、専用のネットワークの設置やメンテナンスにかかるコストを削減できます。お使いのEthernet、PoE、Wi-Fiネットワーク、または有線・無線の組み合わせをご使用ください。
  • Eメール経由で報告書作成の時間設定可能 - 報告書作成の時間を節減できます。履歴やイベントレポートを自動生成し、Eメールへの配信の時間設定が可能です。報告書作成を覚えておく必要がありません。
  • 厳しい基準を満たす - ソフトウェアとロガーは、FDA 21 CFR Part 11(連邦規則第21条第11章)、CBER、GxP、合同審査会、および医薬品温度モニタリングを含むその他の規制要件に準拠する、認証された製品です。
  • 優れた精度 - 業界最高の精度(±1%RHと±0.10ºC)と分解能(0.05%RHと0.02ºC、25ºCで)により、耐性のあるオペレーションを確保します。

詳細について:

関連ストーリー

A man reads a blog in a cafe
Blog | Jan 20th 2016

Most-Read Blogs of 2015

As we have done in years past, we open the New Year with the top blogs from last year. Check out our other "best-of" blog round-ups from 2013...
Read more

関連製品

Vaisala vLog SP

vLog SP

温度&湿度のトレンディングおよび分析用
ヴァイサラ vLog SPは強力で使いやすいソフトウェアで、ヴァイサラ...
DL4000 Voltage and Current Loop Logger

OPC Server

他のシステムと DL-シリーズデータロガーを併用するために
ヴァイサラ OPC サーバーソフトウェアは OPC...