スプレー乾燥のモニタリング

スプレー乾燥の最適化により、エネルギーとコストを節減

Drying Simulator

最適の条件を見つけ、それを安定させることは、コストとエネルギー効率を軽減する製造の鍵となります。お試しくださいインタラクティブな乾燥シミュレータで、湿度計測がより効率的なエネルギーの使用と生産量の増大をもたらす仕組みをご確認ください。

食品の乾燥については、例えば、ほとんどのエキスパートは、微生物の繁殖を防ぎ、製品の安全を保つためには十分な乾燥を行うことが重要であるとしています。一方、乾燥工程を最小限に抑えることでエネルギーとコストの節約になることが、乾燥シミュレータで確認されています。その鍵となるのは、投入量または湿度レベルをエネルギー使用を最小限に抑えるのに十分なほど増大させることですが、少なすぎても最終製品の品質が損なわれます。

設定レベルに関しては、最終製品に望まれるaw(水分活性)値などの製品の性質によって異なります。最適な投入量は乾燥する製品によって異なるため、万能の乾燥理論などは存在しないのです。これは基本的に、最適な排気の相対湿度または露点レベルを特定する製造メーカー次第なのです。しかし、乾燥段階では、求めるレベルにかかわらず、粘着点、吸着等温線、ガラス転移点(Tg)などのパラメータの数値を熟知し、正確で安定したHUMICAPセンサの計測で状態を安定させることが不可欠であり、費用効果とエネルギー効果を向上させる製造プロセスの開発に対する重要な方法なのです。

関連製品

関連ストーリー